ホーム > セミナー > 医薬品プロジェクト価値評価とポートフォリオ分析によるGo/NoGo意思決定

製品ライフサイクルのステージごとの戦略とは?

医薬品プロジェクト価値評価とポートフォリオ分析によるGo/NoGo意思決定

~DCF法、ディシジョンツリー法、リアル・オプション法などによる事業価値評価~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
プロジェクト価値評価
セミナーNo.
170126  
開催日時
2017年01月20日(金)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名様同時申込の場合、2人目無料(2名で49,980円)になります。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
資料付き

講座の内容

趣旨
研究開発の事業価値を評価するための方法(技術)であるDCF法、ディシジョンツリー法、リアル・オプション法などについて解説する。また、多角化企業の事業優先順位づけや新事業・新製品開発に有用である事業ポートフォリオや製品ポートフォリオと呼ばれる思考法を解説する。
プログラム
 1.製薬プロジェクトにおける採算性算出のスタンダード
  ・プロジェクト評価に使われるツール~NPV、ディシジョンツリー
  ・オプション価値とは何か~オプション理論(リアル・オプション)
  ・ツールでの価値算定を困難にする要因
 2.オーファンドラッグの市場性の特徴と判断に与えるエラー
     (ケース・スタディー)

  ・研究開発型製薬企業の意思決定の現況
  ・高度分業制、オープンイノベーションとの関連
  ・プリンシパル=エージェンシー関係との関連
  ・オープンイノベーションとの関連
 3.製品ライフサイクルと製品ポートフォリオ・マネジメント
  ・ライフサイクルの4つのステージ(導入期・成長期・成熟期・衰退期)
  ・ステージごとの戦略
  ・ライフサイクルの視点から企業成長に必要なこと
  ・市場成長率の考え方
  ・シェア(相対シェア)の考え方
  ・ポートフォリオ・チャートの作り方
  ・ポートフォリオの4つの象限
  ・ポートフォリオ・マネジメントの戦略枠組み
  ・事例を見ながらポートフォリオ・マネジメントを考える
  ・あなたの企業の製品および事業ポートフォリオは?

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ