ホーム > セミナー > 超親水および超撥水化技術の基礎と開発動向・応用展開

ゾル-ゲル法・交互積層法を中心に各種親水・撥水化技術を紹介し、その応用や今後の展開について分かりやすく解説する!

超親水および超撥水化技術の基礎と開発動向・応用展開

セミナー概要

略称
超親水・超撥水
セミナーNo.
開催日時
2017年01月25日(水)10:30~16:30
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
講師
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 電気・電子情報工学系 教授 博士(工学) 松田 厚範 氏
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
昼食・資料付き
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。

講座の内容

趣旨
 本セミナーでは、超親水、超撥水の基礎知識から超親水・超撥水化技術の開発動向と応用例、ゾル-ゲル法・交互積層法による親水・撥水化技術への応用に至るまで分かりやすく解説する。
 
プログラム
1.超親水・超撥水の基礎知識
   (1) 基材の化学構造とその表面エネルギー
   (2) 水の付着力と材料表面の関係
   (3) 水と基材の相互作用と制御の考え方
   (4) 超親水・超撥水現象とは
   (5) 親水・撥水性の制御について
   (6) 親水・撥水性の測定と評価法
2.超親水・超撥水化技術の開発動向と応用例
  2-1 超親水化技術の開発動向
   (1) 光触媒による超親水化技術
   (2) プラズマ処理による超親水化技術
   (3) その他
  2-2 超撥水化技術の開発動向
   (1) ゾル-ゲル法による超撥水化技術
   (2) フッ素系表面改質剤による超撥水化技術
   (3) 化学吸着法による超撥水化技術
   (4) その他
  2-3 超親水化技術と超撥水化技術の応用例
   (1) 汚染防止(セルフクリーニング)・防曇
   (2) ヒートアイランド対策
   (3) 防雪・防氷
   (4) 自動車撥水ウィンドウ
3.ゾル-ゲル法・交互積層法による親水・撥水化技術とその応用
  3-1 ゾル-ゲル法による撥水、親水コーティングとマイクロパターニング
   (1) チタニアナノ微結晶分散薄膜の低温合成と光触媒・防曇などへの応用
   (2) 花弁状アルミナ組織を利用した超撥水薄膜
   (3) 撥水性と光触媒活性を兼ね備えた高機能表面の設計
   (4) 外場を用いたナノ微結晶薄膜の組織制御
   (5) 固体表面の濡れ性を用いた新規なマイクロパターニングプロセス
   (6) 撥水/親水パターンと電気泳動電着法を用いた新規なマイクロパターニング
  3-2 交互積層法による機能性ナノ積層膜の作製と応用
   (1) 交互積層法による多層超薄膜の基礎
   (2) チタニア系無機-有機多層薄膜
   (3) フリップフロップ両親媒性多層薄膜
   (4) 超撥水性多層薄膜のエレクトロウェッティング
【質疑応答・名刺交換・個別相談】
キーワード
超撥水、超親水、はっ水、コーティング、表面処理、界面科学、研修、講座、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ