ホーム > セミナー > CFRP・CFRTPの基礎から設計、成型法と現状の課題【大阪開催】

CFRP・CFRTPの基礎から設計、成型法と現状の課題【大阪開催】

~異業種の技術力と業界参入のヒント〜

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
CFRP・CFRTP【大阪開催】
セミナーNo.
170210  
開催日時
2017年02月08日(水)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
大阪産業創造館 5F 研修室D
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食、資料付

講座の内容

習得できる知識
・CFRP、CFRTP成形における材料、工法、成形に関する基礎知識
・CFRP、CFRTPを用いた製品開発や材料置換のポイント
・CFRP、CFRTP成形の現状の課題と業界参入へのヒント
 
趣旨
炭素繊維複合材料は優れた特性から用途の拡大が期待される素材ですが、優れた性能を有する反面、克服すべき課題や問題も抱えています。CFRP、CFRTPとは実際のところどのような素材なのか、基本的な特性から各種成形法をはじめ製品開発や材料置換のポイント、現在の問題点や克服すべき課題、ハイサイクルやコスト低減の可能性、各製造業の既存技術や設備の活用法などを解説します。
 
プログラム
1.基礎

2.構成材料
 2-1.繊維基材
 2-2.マトリクス

3.成形方法
 3-1.CFRP成形
 3-2.CFRTP成形

4.設計
 4-1.長繊維
 4-2.短繊維

5.成形型
 5-1.材質
 5-2.構造

6.加工
 6-1.切削・穿孔
 6-2.接着・締結
 
7.成形品評価
 7-1.物理量評価
 7-2.非破壊検査

8.現状の課題と問題点
 8-1.コスト
 8-2.成形サイクル

9.今後の展望
  9-1.用途拡大に向けて

10.業界参入のハードル
 10-1.異業種の技術力
 10-2.既存技術の活用と応用

<質疑応答・名刺交換>

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ