ホーム > セミナー > 高分子製品の品質トラブルの原因と解析法

プラスチックを対象に、品質トラブルを幅広く取り上げ、原因と解析法を解説!

高分子製品の品質トラブルの原因と解析法

セミナー概要

略称
高分子品質トラブル
セミナーNo.
開催日時
2017年02月23日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
講師
スペクトラ・フォーラム 代表 高山 森 氏
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
・当日に限らず、後日の質問・分析相談に応じます。
・講師の書籍を購入される場合、割引します:「添加剤の赤外スペクトル集」、
 「ポリマーの赤外スペクトル集」他
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付

講座の内容

趣旨
高分子には他の素材にはない優れた性能があり、様々な製品が広範な用途に使用されている。反面、デリケートな性質があるため、製造工程におけるちょっとした不備が製造された製品の欠陥につながることがある。また、用途や使用環境が非常に広範なため、使用中に色々な品質トラブルを起こすことも少なくない。本セミナーでは、主としてプラスチックを対象に、このような品質トラブルを幅広く取り上げ、原因と解析法を解説する。
異物混入のようなトラブルは、プラスチックの種類を余り問わない共通のトラブルである。一方、破壊や劣化の挙動は、プラスチックによってかなり変わるので、トラブルの原因解析には、プラスチックの種類による差についての知識が欠かせない。製品のデザインの影響も大きいので、同じようなことが言える。このような観点での解説も、できるだけ織り込みたい。
プログラム
第1章 序論
  1.高分子製品の品質トラブルの色々
  2.原因解析のポイント・トラブル防止のポイント
第2章 異物混入・汚染にからむトラブル
  1.異物・汚染の発生原因
  2.異物(汚染)の分析に多用される手法
  3.異物分析のポイント
  4.典型的な異物の分析例
  5.特殊な異物:ゲル・焼け樹脂、気泡(ボイド、ブリスター)
  6.異物類似の表面欠陥:デラミネーション
  7.高分子製品による周囲の汚染
第3章 変色にからむトラブル
  1.高分子製品の変色の原因
  2.発色成分の分析に適した分析手法
  3.変色の分析例
第4章 ニオイにからむトラブル
  1.高分子製品の異臭の原因の例
  2.異臭成分の分析法:ニオイ嗅ぎガスクロ
  3.異臭成分の分析例
第5章 添加剤のブリードにからむトラブル
  1.序論:ブリード・ブルームとは
  2.分析法の指針:ブリード物の分析に適した手法:種類と選択指針
  3.ブリード物の分析法各論(1):基材ごと分析する方法 
  4.ブリード物の分析法各論(2):ブリード物の転写と赤外法の組合せ
  5.ブリード物の分析法各論(3):ブリード物の転写と質量分析法の組合せ
  6.定性する上での注意:添加剤の構造変化等
第6章 高分子製品の破壊
  1.総論:高分子の変形・破壊挙動の色々
  2.破壊機構の解析法:破面解析(フラクトグラフィー)他
  3.機械的な破壊の実例
  4.環境応力亀裂(ESC)・ソルベントクラック:樹脂別挙動および解析法
第7章 高分子製品の劣化
  1.総論:劣化とは
  2.熱(酸素)による劣化:劣化挙動および解析法
  3.紫外線による劣化:劣化挙動および解析法
  4.化学劣化(加水分解等):劣化挙動および解析法
キーワード
プラスチック,樹脂,破壊,割れ,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ