ホーム > セミナー > 自動車用ゴム材料の選定技術と熱劣化寿命予測

自動車環境から起きた課題を考慮した材料選定技術および配合手法、ゴム材料の劣化評価と熱劣化寿命推定手法を解説!

自動車用ゴム材料の選定技術と熱劣化寿命予測

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
自動車用ゴム
セミナーNo.
170307  
開催日時
2017年03月16日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・自動車ゴム部品の研究開発者  
・自動車およびその関連のゴム技術関係者
・自動車用ゴム材料知識を活用し信頼性向上を実践したい方
 
趣旨
 ゴム材料を含めたゴム部品の開発は日進月歩に行われていますが、自動車もお客様に買ってもらって使ってもらって初めて価値がでるもので、それには機能向上、信頼性向上、コスト、環境を考えた四重苦を克服する開発が必要であり、この四重苦を達成してこそ技術開発の進化と言え、更に、この達成には評価技術も基本技術として重要です。
 本講習は、タイヤを除いた自動車に使用されているゴム材料を、自動車用ゴム部品全般と、自動車環境から起きた材料課題を考慮した材料選定技術および配合手法を解説し、更に、ゴム材料の劣化評価技術と熱劣化寿命推定手法を解説します。
 自動車用ゴム材料の研究開発、生産技術、品質管理をご専門にする方々の参考にして頂けるものと思います。
 
プログラム
1.はじめに 
2.自動車用ゴム製品
3.ゴム材料劣化に及ぼす自動車環境
 3.1 エンジンオイル
  3.1.1 エンジンオイルの基本特性
  3.1.2 エンジンオイルの組成と役割
  3.1.3 ゴム材料に及ぼす影響
 3.2 オートトランスミッションオイル
 3.3 ブレーキフルード
 3.4 ガソリン
 3.5 排気ガス凝縮水
4.各部品に対するゴム材料の選定
 4.1 フューエル系ホース
 4.2 オイルクーラーホース
 4.3 パワステリターンホース
 4.4 ブレーキホース
 4.5 バキュウムブレーキホース
 4.6 ウォータホース
 4.7 防振ゴム
 4.8 バルブステムシール
 4.9 オイルシール
 4.10 ブレーキ系ゴム材料のアルミ腐食
 4.11 ウエザーストリップ
5.ゴム部品のリサイクル化
 5.1 リサイクルについて
 5.2 熱可塑性エラストマー
 5.3 ダンパーダストカバー
 5.4 ステアリンググロメット
 5.5 タイロッドダストシール
 5.6 ドライブシャフトブーツ
 5.7 グラスランチャンネル
 5.8 フューエルチューブ
6.ゴム部品の寿命推定と品質および信頼性向上
 6.1 エンジンマウントの劣化解析--製品からのゴム物性測定
 6.2 熱劣化寿命予測と信頼性(故障率)評価技術
 6.3 現場のFTA
7.おわりに
【質疑応答・名刺交換】
 
キーワード
自動車,ゴム,材料,寿命,推定,選定,劣化,リサイクル,セミナー,研修,講習,講座

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ