ホーム > セミナー > 品質管理の考え方と不良低減の進め方の実践講座【大阪開催】

品質管理の考え方と不良低減の進め方の実践講座【大阪開催】

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
不良低減【大阪開催】
セミナーNo.
170339  
開催日時
2017年03月07日(火)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
大阪市立中央会館 2F 第4会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
テキストとは別に「実践現場の管理と改善講座 不良低減 第2版」(日本規格協会)を参考資料として当日お渡しいたします。
ただし、1社2名申込みの場合は2名で1冊のお渡しとなります。
通常のセミナーテキストは1名につき1冊配本いたします。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

習得できる知識
品質管理の基本と必要性
品質管理のシステム構築
品質管理のプロセス管理方法
関連する手法
実務で役立つ事例
趣旨
品質不良に係るコストは利益を直接的に減少させてしまう。従来の活動は、工程管理、検査強化、発生した工程内不良や流出不良の原因の調査・対策・再発防止が重点であった。不良低減活動の主体は現場で有ることに変わりはないが、昨今、市場競争力の獲得のため、新製品は高度化・複雑化し、商品寿命の短期化で常に新製品を短期間に立ち上げなければならない。加えてコスト競争のための労働者の質的変化もあり、現場の変化点の発生頻度が増加している。従来の知見と現場力での不良低減活動は限界である。本講演では、
1.品質管理を行う意義と企業運営との関わりを説明する。
2.設計品質と製造品質の相互の関連を説明し、設計品質の作り込みに注力と、そこから得られた管理項目を製造品質へ展開するプロセスを説明
3.両品質の計画的改善計画の立案方法、計画された品質の管理方法を順次説明。設計部門が無く設計品質が作り込めないとの誤解に気づきを取得していただく
4.事例研究を用意し、実際に考えていただき、工程で品質を作り込むことの必要性を理解できるように解説する
5.品質管理のための基本的なQC手法の意義と使い方を説明する
プログラム
1.企業活動における不良
 1-1.不良低減の意義
 1-2.品質コストの概念 
 1-3.不良の定義と検出方法
2.さまざまな不良
 2-1.流出不良と工程内不良、市場クレーム 
 2-2. 不良の原因と把握方法 -QC七つ道具の活用-
3.不良の把握方法
 3-1.統計的なものの見方・考え方
 3-2.科学的アプローチ 
 3-3.工程能力と不良平均値とばらつき
4.設計品質不良低減の取組み
 4-1.設計品質の決定の流れと適正化 
 4-2.設計品質に対する市場クレーム対応 
 4-3.FMEAの実践
5.製造の品質における不良低減の取組み
 5-1.不良低減活動
 5-2.工程内不良の低減活動、目で見る管理、5S
 5-2.自工程完結による不良低減活動 
 5-3.工程の変化を事前に把握する活動
 5-4.前工程の状態の把握と指導  
 5-5. QC工程表と作業標準の活用 
 5-6.スキルマップを活用したオペレーター教育
6.不良低減の取組みにおけるリーダーの役割
 6-1.リーダーシップの類型と望ましい形 
 6-2.リーダーの育成方法 
 6-3.小集団活動の活用 
 6-4.方針管理と日常管理 
 6-5.これからのリーダー像

<質疑応答・名刺交換>
キーワード
品質,管理,不良,低減,統計,工程,能力,設計,FMEA,リーダーシップ,講習会,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ