ホーム > セミナー > 有機ELのフレキシブル化への開発動向と必要な材料技術

有機ELのフレキシブル化への開発動向と必要な材料技術

有機ELの基礎技術・ビジネス動向・先端技術を詳解!!

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
有機EL【3月】
セミナーNo.
170366  
開催日時
2017年03月21日(火)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

講座の内容

習得できる知識
・有機ELの基礎技術(材料、デバイス、プロセス、駆動など)
・有機ELの歴史とビジネス動向(各社の動向も含めて)
・有機ELディスプレイ技術(液晶ディスプレイとの比較も含めて)
・有機EL照明技術(LED照明との比較も含めて)
・有機ELフレキシブル化の最新技術動向
・有機EL用フレキシブル基板技術
・有機EL用ITO代替電極技術
 
趣旨
 アップル社のiphoneへのフレキシブル有機EL採用、ソニー・パナソニック・東芝の有機ELテレビ投入などの発表など、有機ELの本格事業化の動きが加速しつつある。また、有機EL照明も着実に技術進展している。
 本講演では、有機ELの基礎技術(材料・デバイス・プロセス・駆動など)及びビジネスの動向を紹介するとともに、有機EL事業化におけるキー技術であるフレキシブル化技術について、最新動向と要素技術について紹介する。
 
プログラム
1.有機ELの歴史

2.有機ELの原理

3.有機ELの基礎技術
 3-1.材料技術
 3-2.デバイス技術
 3-3.プロセス技術
 3-4.駆動技術

4.有機ELディスプレイ
 4-1.有機ELディスプレイの分類
 4-2.有機ELディスプレイの特徴(液晶ディスプレイとの比較も含めて)
 4-3.有機ELディスプレイ技術と最新動向(各社の動向も含めて)
 4-4.有機ELディスプレイの製品化

5.有機EL照明
 5-1.有機EL照明の特徴(LEDとの比較も含めて)
 5-2.有機EL照明技術と最新動向
 5-3.光取出し効率向上技術
 5-4.有機EL照明のコスト
 5-5.有機EL照明の製品化

6.有機ELのフレキシブル化
 6-1.フレキシブル化の最新動向
 6-2.フレキシブル基板技術
  ・超薄板ガラス
  ・高機能ステンレス箔
  ・バリアフィルム
 6-3.ITO代替電極技術
  ・透明導電ポリマー技術
  ・銀ナノワイヤー技術
  ・印刷電極技術
 6-4.フレキシブル封止技術
キーワード
有機EL,ディスプレイ,ITO代替,封止,フレキシブル化,講習会,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ