ホーム > セミナー > 正確に伝えるための英文テクニカル・ライティング

☆外国人が違和感なく自然に読める科学・技術英文(論文・報告書等)を書くためのポイントを伝授!
 また、感情問題を起こさない電子メールの書き方についても解説する!

正確に伝えるための英文テクニカル・ライティング

セミナー概要

略称
英文テクニカルライティング
セミナーNo.
170755  
開催日時
2017年07月31日(月)10:00~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第5展示室
講師
(有)平井ランゲージ・サービシズ 代表取締役社長 平井 通宏 氏
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食、資料付

講座の内容

趣旨
 外国人が違和感なく自然に読める科学・技術系の英文を書けるようになるためには、文法・語彙以外にも、英作文のルール、パラグラフィング作法など、知っておくべきことが多くあります。それらを1日でマスターすることは不可能ですが、本講座では、情報や意図を、折り目正しい英語で正確に相手に伝えることに焦点をあてて、より良い科学・技術(以下「技術」)英文を書くためのポイントを伝授致します。また、英文メールの書き方の留意点もお伝えします。
 技術系の英語論文や報告書を書く研究者・技術者、日英翻訳者を目指す人、企業内英文文書作成担当の人、さらには外国人と英語でコミュニケーションをとる人にとって、有益な講座です。
プログラム
1. 導入
 1.1 技術英語の特徴
 1.2 テクニカル・ライティングとその要件
 1.3 日本語文と英文の構造的違い(コミュニケーション・スタイルの違い)

2. 文法のおさらい
 2.1 句読法
 2.2 名詞の可算/不可算
 2.3 冠詞
 2.4 前置詞

3. 単語/フレーズ・レベルの諸ルール
 3.1 明快で正確な単語/用語の使用(1 meaning/word 等)
 3.2 数量の扱い

4. 文レベルの諸ルール
 4.1 1 idea/sentence
 4.2 文頭の忌避事項
 4.3 その他のルール
 4.4 目的に合った文体の選択
 4.5 活用したい一歩進んだ構文

5. パラグラフィングの基本
 5.1 パラグラフとその要件(1 topic/paragraph 等)
 5.2 首尾一貫性と結束性
 5.3 修辞と構成

6. 英文ライティングの学習法

7. 仕事のメールの基本的作法
 7.1 定型様式
 7.2 感情問題を起こさないメールの書き方
 7.3 丁寧さの段階

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
英語,英文,テクニカル,ライティング,英文メール,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連するタグ