ホーム > セミナー > 熱可塑性エラストマーの構造と物性制御、解析方法【大阪開催】

市場と用途展開等について、基礎から最近の最先端の話題まで解説!

熱可塑性エラストマーの構造と物性制御、解析方法【大阪開催】

セミナー概要

略称
熱可塑性エラストマー【大阪開催】
セミナーNo.
180208  
開催日時
2018年02月06日(火)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ドーンセンター 4F 中会議室2
講師
京都工芸繊維大学 大学院 工芸科学研究科
         バイオベースマテリアル学専攻 教授 博士(工学) 櫻井 伸一 氏
【専門】
高分子物性、高分子物理学、高分子多相系の構造と物性、非線形パターン形成、高分子の散逸構造形成、高分子系の凝集構造の自己組織化、小角X線散乱、小角中性子散乱、光散乱による微視的構造解析、シンクロトロン放射光による微視的構造解析、産業利用研究(含ナノテクノロジー)

【現在の学会等役職】
日本ゴム協会関西支部・前支部長
日本ゴム協会理事
日本材料学会高分子材料部門委員会委員長
繊維学会繊維基礎科学研究委員会委員長
日本接着学会誌、編集委員
高エネルギー加速器研究機構・放射光科学研究施設 (KEK-PF) 小角散乱ユーザーグループ代表
京都大学客員教授(京都大学化学研究所;平成29年4月〜平成30年3月)
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
・熱可塑性エラストマーの材料研究開発を始めたばかりの方から、ある程度の研究経験を経た方。
・業務に活かすため、熱可塑性エラストマーについての知見を得たいと考えている方
・熱可塑性エラストマーの開発研究に取り組んでいるが、期待される物性がうまく発現しない、などのような課題があり困っている方
・本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。
習得できる知識
・熱可塑性エラストマーの基礎知識
・熱可塑性エラストマー研究開発のノウハウ
・熱可塑性エラストマーのビジネス動向
・ナノ構造解析の基礎知識(小角X線散乱法、電子顕微鏡法、原子間力顕微鏡法など)
趣旨
熱可塑性エラストマーについて、分子設計からナノ凝集構造、物性制御まで講述します。また、高分子(鎖状分子)のゴム弾性の基礎やナノ凝集構造解析法(小角X線散乱法、電子顕微鏡法、原子間力顕微鏡法など)、ミクロ相分離構造と変形下の挙動(シンクロトロン小角X線散乱法による研究)、熱可塑性エラストマーの市場と用途展開等について、基礎から最近の最先端の話題まで講義します。
プログラム
1.はじめに
  1-1 熱可塑性エラストマーとは?
  1-2 熱可塑性エラストマーの分子設計
2.エラストマーの基礎(化学と物理)
  2-1 高分子(鎖状分子)の統計力学
  2-2 ゴム弾性の基礎
3.熱可塑性エラストマーの構造と力学物性
  3-1 構造解析の基礎(小角X線散乱法、電子顕微鏡法、原子間力顕微鏡法など)
  3-2 力学物性測定の基礎
  3-3 動的粘弾性の基礎
  3-4 結晶性熱可塑性エラストマー
  3-5 ゲルやマイクロエマルジョン(溶媒で膨潤した熱可塑性エラストマー)
4.ミクロ相分離型熱可塑性エラストマー(ブロックコポリマー型)の構造と力学物性
  4-1 ミクロ相分離構造と変形下の挙動(シンクロトロン小角X線散乱法による研究)
   Case 1: 球構造を形成するブロック共重合体の場合
   Case 2: Gyroid 構造を形成するブロック共重合体の場合
   Case 3: ラメラ構造を形成するブロック共重合体の場合
   Case 4: セグメント化ポリウレタン
5.熱可塑性エラストマーの市場と用途展開
  5-1 市場規模
  5-2 用途の現況
  5-3 新規用途展開と将来性
キーワード
樹脂,プラスチック,ポリマー,polymer,構造,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ