ホーム > セミナー > 金属/樹脂の接着・コーティングにおける最新技術トレンド

接着の基礎からコーティングや接着技術の最新動向まで、実例を含めながら詳説!

金属/樹脂の接着・コーティングにおける最新技術トレンド

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
金属/樹脂接着
セミナーNo.
180301  
開催日時
2018年03月19日(月)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
1.接着を利用・応用展開したい方
2.接着において問題点・不明な点・わからない疑問点を持っておられる方
3.接着をものづくりや設計に生かしたい方
 
習得できる知識
・接着の化学的・物理的な基礎
・自動車・航空機等のマルチマテリアル化の現在・今後の動向
・表面分析に関する知識の習得
・非破壊検査に関する知識の習得
・マルチマテリアルの最近の動向
・最新の話題(論文・特許などの情報提供)
 
趣旨
 金属を樹脂材料で被覆するコーティング技術は、機能性や審美性の意味からも非常に重要な技術となっている。また近年、自動車や飛行機などをはじめとした輸送機の分野において、マルチマテリアルという言葉をよく耳にするようになってきたが、接着においても金属と樹脂の相互作用の理解が重要となってくる。
 本講演では、接着やコーティングに関する基礎的な化学的・物理的な基礎の説明のみならず、特に最近注目を集めている解体性接着剤や接着不良界面の非破壊検査技術の最新動向についても詳細に解説する。講演では講師が行っている最近の取組も踏まえながら、世界の研究開発の動向等について実例を挙げながら幅広くオーバービューできるようにする。初学者でもわかるように導入していくため特に参加対象を限定しないが、高分子材料や接着の基礎的な事項を修得し、さらに、コーティングや接着技術への応用を目指す方にお薦め。参加申し込み時に要望をいただければ、講演内容に出来る限り含める。
 
プログラム
1.自動車・航空機等の軽量化と接着技術
  1-1.マルチマテリアル化
  1-2.世界の動向
  1-3.同種・異種材料の接合

2.接着の機能
  2-1.接合法の種類
  2-2.接着のメカニズム
  2-3.接着剤の種類とその特徴
  2-4.新しい高機能接着剤
    (最近の論文等からホットトピックスをご紹介)

3.表面の評価方法・処理方法
  3-1.接着不良の検出に関する動向
  3-2.表面分析手法の基礎
  3-3.最新の非破壊検査技術
  3-4.その他、最新手法の紹介
    (NIMSが有する共用・大型装置などを中心にご紹介)

4.審美性と機能性を付与するコーティング技術
  4-1.防錆コーティング
  4-2.抗菌コーティング・接着剤
 
キーワード
樹脂、金属、異種、材料、接着、コーティング、軽量化、自動車

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ