ホーム > セミナー > 毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品開発のポイント

今後望まれるヘアケア商品とは?

毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品開発のポイント

~育毛/抗白髪/ハリ・コシ改善/くせ毛/頭皮トラブル~

セミナー概要

略称
毛髪
セミナーNo.
開催日時
2018年07月26日(木)12:30~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
講師
東京工科大学 応用生物学部 教授 農学博士 岩渕徳郎 氏

 《専門》毛髪科学、皮膚科学、生化学

 《略歴》
  1985年3月 東北大学 農学部 農芸化学科 卒業
  1985年4月 (株)資生堂 入社
  1990年5月 海洋バイオテクノロジー研究所・研究員
  1996年5月 (株)資生堂 (復職)
  2000年5月 マサチューセッツ総合病院/ハーバード医科大学・博士研究員
  2003年5月 (株)資生堂 (復職)
  2014年7月 東京工科大学 応用生物学部 教授
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名様同時申込の場合、2人目無料(2名で49,980円)になります。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

趣旨
ヘアケア市場は2000億円超の規模の巨大市場である。当該市場では時代とともに、主たるい訴求ポイントは変遷を遂げてきた。古くはフケ・カユミだったのに対し、昨今は「美しい髪は健やかな地肌から」という頭皮ケアの概念が主流を形成している。美しい髪、健やかな髪とはどのような髪の毛なのだろうか。また、美しい髪の毛を評価(測定)する方法とはどのような方法があるのだろうか。
本講では毛髪科学の基礎を理解するとともに、毛髪と頭皮の接点の研究について解説する。毛包での毛髪の形成、男性と女性の毛髪の違い、ハリ・コシ、頭皮と毛髪の関係などについて、最近の情報を含めて解説したい。
プログラム
 1.はじめに
 2.毛髪科学の基礎

  2-1 毛包・毛髪の構造
  2-2 男女の毛髪の違い(特に薄毛)
  2-3 白髪
 3.育毛薬剤と抗白髪薬剤
  3-1 育毛薬剤の現状
  3-2 抗白髪薬剤の現状
 4.毛髪の構造
  4-1 毛髪のハリ・コシとは
  4-2 毛髪のハリ・コシ改善薬剤と評価
  4-3 毛髪ダメージと毛髪の構造変化
  4-4 毛髪特性と水分量
 5.くせ毛
  5-1 くせ毛の特徴
  5-2 くせ毛改善の方法
 6.頭皮と毛髪
  6-1 頭皮の特徴と頭皮トラブルの原因
  6-2 頭皮トラブルの毛髪形成への影響
 7.今後望まれるヘアケア商品

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ