ホーム > セミナー > 炎症性腸疾患における診療・開発動向と診療現場より期待される新薬像【大阪開催】

炎症性腸疾患患者集客のための製薬会社・医者側からの新戦略とは

炎症性腸疾患における診療・開発動向と診療現場より期待される新薬像【大阪開催】

現在行われている治療薬の問題点とは?
現在世界で行われている治験の進捗についても解説します!!

セミナー概要

略称
炎症性腸疾患【大阪開催】
セミナーNo.
開催日時
2018年09月07日(金)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
大阪市立中央会館 2F 第4会議室
講師
名古屋市立大学大学院医学研究科消化器代謝内科学 講師 谷田 諭史 氏

《専門》 消化器内科、炎症性腸疾患、消化器がん
《略歴》
1992年4月-1992年12 月 名古屋市立大学 第一内科
1993年1月-1994年3 月 旭労災病院 内科
1994年4月-1995年3 月 知多厚生病院 内科
1995年4月-2000年12月 磐田市立総合病院 消化器科
2001年1月-2006年3 月 名古屋市立大学大学院医学研究科 臨床機能内科 臨床研究医
2006年4月-2007年11月 Louisiana State University Health Science Center, Stanlay S. Scott Cancer Center, CSRB, Department of Pathology, New Orleans, Louisiana, USA postdoctoral Fellow
      2008年1月- 2008年10月 名古屋市立大学大学院医学研究科 消化器・代謝内科 臨床
研究医
2008年11月- 2010年5月 名古屋市立大学大学院医学研究科消化器・代謝内科 助教 
2010年6月-2013年3月 名古屋市立大学大学院医学研究科消化器・代謝内科学 病院講師
2013年3月-現在 消化器内科副部長
2013年4月-現在 名古屋市立大学大学院医学研究科消化器・代謝内科 講師
2014年4月-現在 名古屋市自立支援医療(更生医療)にかかる診療業務・障害程度審査委員会委員
2015年10月-現在 腸管型ベーチェット病コンセンサスステートメント作成委員
2017年8月-現在 名古屋市立大学病院臨床研究戦略部副部長
2017年11月-2018年10月 キッセイ薬品 消化器領域(IBD)マーケティングアドバイザー
2018年4月-現在 名古屋市立大学病院消化器内科 部長代理
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

趣旨
 現在、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)患者さんは、24万人を超え、そのうち3割は「難治」と言われる治療に難渋する症例です。当院では個々の患者さんの病変範囲や重症度に合わせて、現在、日本でもっとも成績の良い治療を実践しています。その方法や成績について解説します。
 また、新規治療薬も次々上市されており、効果と限界についても述べたいと思います。
 現在使用可能な治療薬に反応性の乏しい症例もあり、近年このような患者さんに対しては、これまでとは違った作用を示す薬剤が次々と開発されております。
 当院では、新規治療薬開発(企業治験)に積極的に参加しており、難治例克服を目指しております。本講座では現在世界で行われている治験の進捗についても解説します。
 また、当院での患者集客戦略についても述べたいと思います。
プログラム

 1-1 炎症性腸疾患患者の疫学(名古屋市における現況)

 1-2 炎症性腸疾患の病因

 2-1 現在使用可能な治療法(最新治療薬を含めて)

 2-2 潰瘍性大腸炎に対するブデゾニドフォーム剤の効果と限界

 2-3 活動性潰瘍性大腸炎に対する抗TNFα抗体薬の新たな使用法の提案(症例提示)

 2-4 難治性クローン病克服のための治療の工夫(ウステキヌマブ+intensive GMA)

 2-5 難治性クローン病に対する最新治療薬の効果

 2-6 投与注意が必要なspecial situationでの治療選択 ‐抗TNFα抗体薬とウステキヌマブ‐

 3-1 現在行われている炎症性腸疾患治療薬の問題点

 3-2 新規治療(企業治験)薬臨床応用を目指して

 4-1 炎症性腸疾患患者集客のための新戦略

 4-2 製薬会社側の立場で(薬剤への認識を上げるための工夫)

 4-3 医者側の立場で(当院周辺地域への知名度アップのための試み)


​ 【質疑応答・名刺交換】

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ