ホーム > セミナー > FT-IR測定の基礎とスペクトルデータの読み取り方【大阪開催】

FT-IR測定の基礎とスペクトルデータの読み取り方【大阪開催】

FT-IR本体ATR法の実機を用いた実習・実演付!!

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
FT-IR測定【大阪開催】
セミナーNo.
180936  
開催日時
2018年09月04日(火)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ドーンセンター 4F 大会議室3
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食・資料付

講座の内容

習得できる知識
・FT-IRの基礎的なこと。
・FT-IR測定でわかること。
・FT-IRの簡易測定(本体でのATR測定)方法。
・スペクトルの処理方法。
・データベースの使い方と注意点。
・スペクトル解析方法。
趣旨
 本講演の目的は、FT-IRを今から使用していこうと思っている方や再度勉強してみようと思っている方を対象に、FT-IRの基礎を習得していただくことです。FT-IRのどのような測定方法を用い、それぞれの測定法からはどんな情報が得られるのか、解析はどう進めていくのか、解析のポイントは何か、という一連の作業について説明します。FT-IRで得られる情報に関しては、最近注目されているイメージングの話も加え、その可能性についても述べます。実習では、FT-IR本体ATR法の実機を用いて、各参加者に測定していただき、データベース作成とデータベース検索を行います。また、液体を用いた定量分析も実演し、講義の内容を深める工夫をしています。少しでも多くのことを理解して今後に活かしていただけるように、参加者の方との会話や質疑応答に時間かけ、講演を進めていきます。
プログラム
1.はじめに
 1-1.大切な分析の視点とは
 1-2.分析の中のFT-IR 

2.FT-IRの基礎 
 2-1.FT-IRとは
 2-2.使用波長 
 2-3.FT-IRから得られる情報
 2-4.FTIRでスペクトルが得られるまで
 2-5.FT-IRの縦軸
 2-6.測定パラメータ

3.FT-IRの測定方法 その1
 3-1.測定方法
 3-2.本体-透過法 
 3-3.本体-反射法
 3-4.本体-ATR法

4.スペクトルの解析 その1
 4-1.データベースの重要性
 4-2.データベースの作成
 4-3.データベースの利用
 4-4.構造解析

5.実際に測定してみよう(実習)
 5-1.操作方法の説明
 5-2.実機測定 
 5-3.まとめ

6.スペクトルの解析
 6-1.データベースの使用してみる
 6-2.スペクトルの処理による解析
 6-3.検量線作成およびサンプルの定量

7.報告書の作成
 7-1.報告書での注意事項

8.質疑応答 

9. FT-IRの測定方法 その2
 9-1.顕微FT-IRとは
 9-2.顕微測定方法 
 9-3.イメージング法

10.FT-IRの可能性

11.講義のまとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ