ホーム > セミナー > Excelによる定常・非定常伝熱計算演習

Excelによる定常・非定常伝熱計算演習

~Excelが使えるノートPCをご持参ください~

セミナー概要

略称
Excel伝熱
セミナーNo.
180963  
開催日時
2018年09月14日(金)10:00~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
講師
埼玉工業大学 工学部 機械工学科 副学長/教授・工学博士 小西 克享 氏
<略歴>
1983年 東京大学大学院工学系研究科航空学専門課程博士課程修了(工学博士)
1990年 埼玉工業大学工学部講師
1992年 工学部助教授
1994年 米国National Institute of Standard and TechnologyのGuest researcher
2001年 工学部教授.大学院工学研究科教授
2002年 大学院システム工学専攻主任
2006年 工学部機械工学科長
2008年 工学部長
2011年 副学長(教学担当)。現在に至る。
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問

定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
持参物
ノートPC
備考
昼食・資料付

講座の内容

習得できる知識
1.熱伝導の支配方程式と数値計算の方法が理解できます.
2.Excelを用いて,2次元までの非定常および定常の簡単な伝熱問題を解けるようになります.
3.本セミナーで解説する手法に基づいて実際に開発したExcel VBAを利用したオリジナルの伝熱解析計算シートを無償配布します.本計算シートの使用方法を習得することで,対流熱伝達と熱放射が存在する場合や異方性材料の熱伝導など,より高度な伝熱問題を解くことが可能になります.
趣旨
 Excelの表計算シートを用いると,2次元までの簡単な伝熱問題であればプログラミングをすることなしに温度分布を求めることができます.本講演ではExcelを用いて非定常および定常温度分布を計算する方法の基礎から,汎用性を持たせるための工夫について解説します.また,研究室オリジナルのExcel VBAを利用した表計算シートを紹介し,実際に熱伝導問題を解く演習を行います.生産現場で発生する伝熱問題に応用することで、単純な問題なら高価な市販ソフトを使用しなくても簡単に伝熱解析が出来るようになります。
 持参物:ノートPCをご持参ください。(当日演習で使用したファイルをお持ち帰りいただけます。)
プログラム
1.熱伝導の種類

2.熱伝導方程式の差分近似の方法

3.Excelの表計算による直交座標系1次元非定常温度分布の求め方と適用例

4.Excel VBAを利用したオリジナル表計算シートによる直交座標系2次元非定常温度分布の求め方と適用例(熱伝達,熱放射,異方性材料)

5.円柱座標系1次元非定常温度分布の求め方

6.Excelの収束計算機能を用いた直交座標系定常温度分布の求め方

7.Excel VBAを利用したオリジナル表計算シートによる直交座標系2次元定常温度分布の求め方と適用例(熱伝達,熱放射,異方性材料)

8.円柱座標系定常温度分布の求め方

9.熱交換器の定常温度分布の求め方

10.フィンの定常温度分布の求め方

11.非定常拡散の求め方


(質疑応答・名刺交換)

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ