ホーム > セミナー > 時系列データ分析の基礎とPythonを用いた実践【PC実習付き】

Pythonを利用して時系列分析の技術や理論を基礎から学びたい方を対象に、演習を中心としたワークショップ形式で分かりやすく解説!

時系列データ分析の基礎とPythonを用いた実践【PC実習付き】

※事前にインストール準備資料をお送りいたします。PythonをインストールしたノートPCを各自ご持参ください。

※会場を変更しました(10/15)。商工情報センター 9F 第2研修室⇒ 江東区文化センター 3F 第3研修室

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
時系列データ分析
セミナーNo.
181023  
開催日時
2018年10月26日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第3研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
持参物
【ノートPC】
・Windows:Windows7 以降(32bit / 64bit問わず)
・Mac:OSX 10.7(Lion)以降
その他の環境でもAnacondaでPython3.5+ブラウザ上でJupyter-notebookが動く環境が構築できていれば大丈夫です
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・若手技術者や新人の方
・時系列分析の技術や理論を基礎から学びたい方
・Pythonの基礎を学びたい方
必要な予備知識
・特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします
習得できる知識
・時系列データ分析に関する基本的な知識
・Pythonを用いた基本的なデータ分析、時系列データ分析
趣旨
 昨今、データサイエンス・データ分析の分野において、Pythonが注目されるようになっています。Pythonは、統計学・機械学習の豊富なライブラリーを有しており、アドホックなデータ分析や人工知能アルゴリズム開発の分野でデファクトスタンダードとなっている言語です。また、Pythonには、平易な言語仕様と利用しやすい実行環境があり、プログラミング経験のない方でも始めやすい、という特徴があります。
 本講座は、Pythonを利用して時系列分析を学習したい方を対象に、演習を中心としたワークショップ形式で実施します。
プログラム
1.Python入門
    1-1 Jupyter-notebook基礎
    1-2 Python文法基礎
    1-3 データハンドリング(Pandas)
        1) データフレームの基本操作
        2) データフレームに対する演算
    1-4 データ可視化(matplotlib)
        1) ヒストグラム
        2) 棒グラフ
        3) 散布図
        4) 折れ線グラフ

2.時系列データ概論
    2-1 時系列データとは
    2-2 時系列データの種類
    2-3 時系列データと確率分布

3.Pythonを用いた時系列データの前処理
    3-1 日付のシーケンス生成
    3-2 Datetime型への変換
    3-3 系列のシフト・階差の取得
    3-4 日付によるレコードの選択・抽出
    3-5 曜日の取得
    3-6 日付・曜日のMultiIndexによるレコード選択
    3-7 変数を利用した特定の日付以降のレコードの取得
    3-8 対数化

4.時系列データ分析入門
    4-1 時系列データの特徴量
    4-2 時系列データの性質

5.統計モデル
    5-1 統計モデリング
    5-2 自己回帰モデル/単位根過程
    5-3 ARIMAモデル
    5-4 状態空間モデル

6.曲線フィッティング
    6-1 機械学習
    6-2 prophet

 【質疑応答・名刺交換】
 
キーワード
時系列,データ,分析,統計,機械学習,基礎,概論,入門,python,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ