ホーム > セミナー > AI/IoT関連開発プロジェクトを推進するための特許戦略と権利化のポイント

モノづくり視点からコトづくり視点へシフトしよう!

AI/IoT関連開発プロジェクトを推進するための特許戦略と権利化のポイント

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
AI/IoT特許
セミナーNo.
190539  
開催日時
2019年05月30日(木)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第1研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
  また、当日学生証をご持参ください。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
AI・IoT/ビジネス関連発明の知的財産を含む開発に取り組もうとしている又は取り組んでいる企業の、研究開発企画部門担当、研究開発部門担当、知的財産部門担当
習得できる知識
先進事例を通じて、AI/IoT/BMに関する開発プロジェクトの推進、発明発掘、権利化のポイントを習得することができます。
趣旨
あらゆる業界・業種で第四次産業革命が進展しつつある今日、従来のモノづくり的な発想ではなかなか良い開発テーマを見いだせない、また開発テーマを設定しても上手く推進できない、さらにはそのような開発テーマから「コト」に関する知的財産をどのように抽出し、権利化を図っていくのかよく分からないという話をよく聞きます。本セミナーでは、このような問題意識を持たれている方に対して、IBMで主席エンジニアとして開発プロジェクトに多数関わった経験と、弁理士として行った知財コンサルティングの経験に基づき、AI/IoT/ビジネスモデル関連の開発とそこから得られる知的財産について解説します。
プログラム
1.概観:今、何が起きているのか?
  1-1 Internet of Things、ビッグデータ、人工知能を中心に
2.先進事例に学ぶ「コト」時代の知的財産
  2-1 バリューチェーンを伸ばす
  2-2 ビジネス関連発明
3.AI・IoT関連開発プロジェクトの推進
  3-1 事業/開発業務と知的財産の関係
  3-2 開発プロセスにおけるリスクマネジメント
  3-3 データの重要性と保護強化
4.AI・IoT関連/ビジネス関連発明
  4-1 審査基準を踏まえた明細書とクレームの作成
  4-2 事業における権利化のポイント
5.海外での権利化に向けて
  5-1 戦略的海外特許出願
  5-2 外国特許要件を踏まえた日本明細書作成のポイント
キーワード
AI,IoT,特許,発明,発掘,権利化,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ