ホーム > セミナー > ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術

ぬれ現象の基礎である接触角・表面張力に関する理論とその測定・評価法・制御手法を詳解する!!

ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術

セミナー概要

略称
ぬれ性
セミナーNo.
開催日時
2019年05月24日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ)  9F 第2研修室
講師
宇都宮大学 大学院工学研究科 物質環境化学専攻 准教授 工学博士 佐藤 正秀 氏 
 【専門】化学工学 / 熱・物質移動現象 / 固体表面の化学的表面改質
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
特典
昼食・資料付
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。

講座の内容

習得できる知識
ぬれ性、表面張力の基礎と測定方法、表面分析法の基礎、
親水性、疎水性、疎油性表面改質法の基礎
趣旨
 液体と固体表面が関与するぬれ現象の把握と制御は、塗料・顔料製造、各種工業操作における塗装・塗布・乾燥工程などに必要不可欠なのはいうまでもない。これ以外にも、半導体製造プロセス(基板汚染度の測定や液浸フォトリソグラフィにおける液浸レンズの制御)、各種医工学バイオプロセス(固体表面への培養培地・細胞・細菌・微生物などの付着程度の制御)など、一見無関係に思える先端的工業操作においても重要な要素を占めている。ここではぬれ現象の基礎である接触角・表面張力に関する理論とその測定・評価法の解説と、シランカップリング、チオールによる固体表面の親水/疎水および親油/疎油性表面改質、光エネルギー等によるぬれ性制御方法とその工業的応用例について説明する。
プログラム
1.ぬれ性・表面張力の基礎
  1-1 接触角と表面張力の定義と特徴
  1-2 表面自由エネルギーとぬれ性
  1-3 臨界表面張力
2.ぬれ性に影響する諸因子
  2-1 表面官能基とぬれ性の関係
  2-2 表面ラフネスとぬれ性の関係
3.ぬれ性・表面張力の測定法
  3-1 Welhelmy法
  3-2 ペンダントドロップ法
  3-3 滴重法
  3-4 最大泡圧法
  3-5 接触角・ぬれ性の測定方法
  3-6 転落角・前進/後退接触角を通じた動的ぬれ特性評価
4.ぬれ性評価のための表面分析
  4-1 XPS
  4-2 AFM
5.化学的表面改質によるぬれ性制御
  5-1 前処理・洗浄工程
  5-2 シランカップリング剤処理
  5-3 チオール処理
  5-4 薄膜化・厚膜化
6.外部エネルギー応答型ぬれ性制御
  6-1 温度応答型ぬれ性制御
  6-2 光応答型ぬれ性制御
7.ぬれ性制御の応用
  7-1 表面へのぬれ性パターン付与方法
  7-2 インクジェット回路印刷プロセスへの応用
  7-3 伝熱促進技術への応用
【質疑応答・名刺交換】
キーワード
親水,撥水,表面張力,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ