ホーム > セミナー > IoTによる「つながる工場」の実現と導入、活用方法 【三菱電機 工場見学付(無料)】

生産現場で発生するデータの活用方法!現場でのAI活用を進めるうえでのポイントを解説!

IoTによる「つながる工場」の実現と導入、活用方法
【三菱電機 工場見学付(無料)】

~インバリアント分析の基礎と設備保全/品質劣化早期検知への応用~

セミナー概要

略称
IoT【工場見学付】
セミナーNo.
190606  
開催日時
2019年06月12日(水)10:30~16:30
2019年06月13日(木)10:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ウインクあいち 13F 1308
講師
日本電気(株) AI・アナリティクス事業開発本部
         シニアデータアナリスト 相馬 知也 氏
【専門】
設備監視/保全におけるAI活用
【略歴】
・1988年入社、自営通信網運用管理システムをはじめとする、高性能/高信頼システムの
 アーキテクチャ設計に従事
・2010年よりインバリアント分析を中心としたAI技術の設備保全適用に関する開発を開始。
 国内海外においてコンサルティング、開発を牽引。
・現在は、IoT×AIの活用コンサルとしてIoTデバイス開発から収集、分析までに関与。
・日本非破壊検査協会、火力原子力発電技術協会、日本保全学会 会員
価格
非会員: 54,000円(税込)
会員: 49,980円(税込)
学生: 54,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で54,000円(税込)から
 ★1名様申込の場合、49,980円(税込)へ割引になります。
 ★2名様同時申込の場合、2名で86,400円(税込)になります。
 ★3名様同時申込の場合、3名で129,600円(税込)になります。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
セミナーご参加の方には三菱電機 名古屋製作所(無料)、可児工場(無料)見学に招待いたします。
※同業他社の方はお断りする場合がございます。
 工場見学の内容とセミナー内容は関連の無い場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
工場へ名簿を5月13日(月)に提出いたします。参加の目処が立たない場合でも13日(月)までにお申込ください。
5月13日から5月31日の間はキャンセルを受け付けます。

※現段階では可児工場見学は仮予約となっております。4月1日に見学の可否がわかります。工場のラインの変更日やメンテナンスになった場合は名古屋製作所のみの見学となることもありますので、ご了解のうえお申込ください。4月1日に本予約できましたら、スケジュールの詳細をお申込者にご連絡させていただきます。

講座の内容

受講対象・レベル
・生産設備、機械、プラント、構造物、社会インフラ関連企業の方
・現状のプラント運用監視に課題をかかえている方
・新しい技術により、より高度なプラント運用監視を行いたい方
・新しい予知保全の方法を探している方
・データはあるが、どのように活用するか悩んでいる方
習得できる知識
・工場の生産現場でのAI活用
・生産現場で発生するデータの活用方法
・現場でのAI活用を進めるうえでのポイント
趣旨
昨今、AIを利用した設備故障予兆検知は大規模プラントから工場のラインや生産設備の保全に移りつつあります。また製造現場からの要求は設備故障予兆のみならず品質劣化の予兆検知を求められるようになってきました。
 本講座では、お客様と共に取り組んでいる故障および品質劣化予兆検知など生産現場でのAI技術活用事例と最新の分析技術について事例をまじえて紹介します。また、社内における実施予算獲得のためのポイントやプロジェクトの進め方など、コンサルテイング経験をもとに紹介します。
プログラム

IoTによる「つながる工場」の実現と導入、活用方法(10:30~16:30)

1.製造業におけるAI活用の動向
  1-1 はじめに
  1-2 AI活用の業界動向
2.保全現場での課題と対策の傾向
  2-1 保全現場において発生している課題
  2-2 技能伝承における課題
  2-3 コスト削減における課題
3.インバリアント分析技術の概要
  3-1 故障予兆/品質劣化予兆監視のニーズ
  3-2 「インバリアント分析」とは
    a.インバリアント分析の概要
    b.異常箇所の特定方法
    c.インバリアント分析の適用範囲
     ・リアルタイム予兆/異常検知
     ・保守/点検プロセスの効率化
     ・品質改善
4.故障予兆検知へのビッグデータ分析技術適用事例
  4-1 ビッグデータ活用のシナリオ
  4-2 仮説設定と活用ステップ
  4-3 監視におけるインバリアント分析技術の位置付け
  4-4 先進的な事例
5.新しいセンシングと分析技術
6.おわりに
  6-1 社内における予算獲得のポイント
  6-2 新しいプロジェクトをどう進めるか
 

三菱電機(株)名古屋製作所(10:00~12:00)

 数々の優れた実績をあげる世界で最先端を行く工場に迫る!
 設備稼働率190%にアップ!生産性180%にアップ!システム構築コスト65%ダウン!
 実証!e-F@ctory化工場!IoT時代見据えたFA機器の新開発拠点!
 

三菱電機(株)可児工場(13:30~15:30)

e-F@ctoryとロボットを活用した電磁開閉器の自動化生産ライン!
ロボット組立セル生産方式を導入!品質向上・高稼働率を実現し未来へ!
人と機械とのつなぐ次世代モノづくりの現場へ潜入!
スケジュール
【1日目】
10:30~16:30 セミナー

【2日目】
9:20 集合(JR新幹線 名古屋駅 銀の時計前)

10:00~12:00 三菱電機(株) 名古屋製作所 工場見学
     ↓
12:00~13:30 バスにて移動(昼食)
     ↓
13:30~15:30 三菱電機(株) 可児工場 工場見学
     ↓
15:30~17:00 移動、名古屋駅で解散
キーワード
Iot,ものづくり,生産現場,Internet of Things,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ