ホーム > セミナー > 経皮吸収型製剤の設計および放出試験と評価法

放出試験の装置/条件設定の留意事項とその評価法は?

経皮吸収型製剤の設計および放出試験と評価法

~貼付剤、経皮吸収型製剤の処方設計のポイント~

セミナー概要

略称
経皮吸収
セミナーNo.
開催日時
2019年06月18日(火)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第1研修室
講師
城西大学 薬学部 教授 薬学博士 関 俊暢 氏

 <ご専門>物理薬剤学、DDS
 <ご所属学会>日本薬剤学会(評議員)
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

趣旨
外用剤や経皮吸収型製剤の適用部位としての皮膚について、その特徴について解説し、基礎的な実験法を紹介する。また、貼付剤、経皮吸収型製剤の処方設計について基本的事項を説明する。
プログラム
 1.経皮吸収型製剤の企画とそのデザイン
   ・皮膚の生理的機能と薬物の適用部位としての特徴
   ・経皮吸収型製剤の利点と欠点
   ・経皮吸収型製剤に適した薬物
   ・皮膚に適用する製剤
   ・経皮吸収型製剤に用いる材料
   ・貼付剤の処方設計
   ・製剤の処方設定と薬物利用率
   ・製剤の粘着特性の調整
 2.製剤の放出試験法
   ・放出試験の装置
   ・放出試験の目的
   ・放出試験の条件設定
   ・パップ剤の放出試験の問題点
   ・皮膚代替人工膜の設計と利用
 3.経皮吸収型製剤の前臨床における評価法
   ・経皮吸収実験法
   ・経皮吸収実験のデータ解析
   ・In vitro 実験からのin vivo経皮吸収性の予測
   ・皮膚局所製剤適用後の皮膚浸透
   ・薬物の皮膚内動態の詳細評価
キーワード
経皮,吸収,DDS,薬剤,動態,セミナー,研修

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ