ホーム > セミナー > 製品開発力強化と製品QCDをコントロールするプロジェクトマネジメント

製品開発力強化と製品QCDをコントロールするプロジェクトマネジメント

セミナー概要

略称
プロジェクトマネジメント
セミナーNo.
開催日時
2019年08月29日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第5展示室
講師
(株)プリベクト 代表取締役 北山 一真 氏
<略歴>
技術経営コンサルタント
IT系コンサルティング会社、製造業系PLMコンサルティング会社ディレクターを経て、プリベクトを設立。
設計と原価の両側面から抜本的な企業変革を取り組む。設計標準化/高度化、製品開発マネジメント、原価企画/原価見積、管理会計などを得意とする。ドキュメンテーション・プレゼンテーション・ファシリテーションなどのビジネススキルアップの企業研修や人材改革も手がける。

<専門>
製品開発マネジメント, 設計標準化, 製品企画, 開発購買, 製品情報管理(BOM), PLM
顧客価値会計, 意思決定会計, 原価企画, DTC(DesignToCost), ライフサイクルコスティング, 売価企画, 見積管理, 品質コストマネジメント, 原価管理
<関連学協会>
・東京大学ものづくり経営研究センター ものづくり管理会計研究会員
・日本管理会計学会員 ・日本原価計算研究学会員
・日本組織会計学会員 ・J-Cost 研究会員

価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付

講座の内容

習得できる知識
・開発管理のポイントが理解できる
・QCDのバランスをとったプロジェクトマネジメントが理解できる
・標準プロセスの構築ポイントが理解できる
趣旨
 昨今、製品要求は多様化し、開発業務の難易度は増し、開発工数は増加傾向にあります。そして、工数削減/リードタイム短縮が求められ、開発のプロジェクト管理がより複雑化している状況にあるといえます。
 「納期遅れが減らない。開発状況が見えない。納期優先で、原価の検討が後回しにされてしまう。」このような状況を打破するために、納期・品質・原価のトレードオフを考慮し、総合的に推進するプロジェクトマネジメントの仕組みが必要なのです。頻発する納期遅延や工数超過を起こさせないために、どのようにプロジェクトを管理していくべきか、そのための開発プロセス標準や技術標準をどのように整備すべきかを解説します。納期と品質を優先し、原価が犠牲になる開発にせず、製品競争力とコスト競争力を両立させるための情報基盤の整備についても解説を致します。
 また、プロジェクトマネジメントは、「タスクを細かく定義し、納期管理を細かくチェックし、変更もしっかり行っていく」といった教科書的な手法では決してうまくいきません。「管理の基本は、管理しないことにある」という理念のもと、管理第一主義・効率第一主義にならず、現場に新しいことを行う機会を提供し、高度化できる管理手法・管理体制はどのようなものか、納期管理・品質管理・コスト管理の総合的に推進するポイントを学び取ってください。
プログラム
1.プロジェクトマネジメントの基本的な考え方
 1-1.納期管理の3つの誤解
 1-2.原価管理の3つの誤解
 1-3.品質管理の3つの誤解
 1-4.開発/設計管理の目指すべき方向性

2. 標準プロセスの構築ポイント
 2-1.プロセスの可視化
  ・業務プロセスフローの可視化
  ・開発/設計フローの可視化
 2-2.標準プロセスの構築ポイント
  ・タスク管理/WBS管理
  ・マイルストーン管理
  ・ゲート管理
  ・ToDo管理
 2-3.プロジェクトマネジメントシステムの構築ポイント

3. 品質管理・原価管理を高度化する技術の可視化
 3-1.技術の可視化と標準の構築
 3-2.技術情報管理/成果物管理のあり方
 3-3.技術標準を元にした品質管理のあり方
 3-4.設計開発における原価管理と原価企画の基本

4.QCD の総合的プロジェクトマネジメントの推進方法
 4-1.プロジェクト計画立案
 4-2.プロジェクト実行
 4-3.プロジェクト管理

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
設計,標準化,自動化,高度化,技術,伝承,モジュール化,ナレッジ,BOM,棚卸し,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ