ホーム > セミナー > 炎症性腸疾患の病態/治療の現状と現場が求める新薬像

潰瘍性大腸炎/クローン病の診断・治療と薬剤選定の考え方とは?

炎症性腸疾患の病態/治療の現状と現場が求める新薬像

~臨床現場の実情を元にした解説から、潜在医療ニーズを探る~

セミナー概要

略称
炎症性腸疾患
セミナーNo.
開催日時
2019年09月13日(金)12:30~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
講師
東京女子医科大学 消化器内科 助教 村杉 瞬 氏

【ご専門】炎症性腸疾患
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問

■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

趣旨
 炎症性腸疾患は“原因不明の難病”といったイメージを思い浮かべるのではないだろうか。確かに病態にはまだ不明な点が多く、複雑である。影響を及ぼす因子は様々であり、どの因子が病態に重要であるかは患者ごとに異なり、それぞれの因子が互いに影響を及ぼしていると考えられている。単一の原因は同定されていない一方で、多くの治療標的が明らかになり、有効な治療法が開発されている。
 本セミナーでは現在までに明らかにされている炎症性腸疾患の病態と現在行われている治療について講演する。
プログラム
 1.はじめに
 2.炎症性腸疾患の病態
 3.炎症性疾患の治療

  3-1.潰瘍性大腸炎の治療
  3-2.クローン病の治療
  3-3.各種薬剤について
   3-3-1.5-ASA製剤
   3-3-2.副腎皮質ステロイド
   3-3-3.免疫調節薬 アザチオプリン
   3-3-4.免疫調節薬 タクロリムス
   3-3-5.抗TNF-α抗体製剤
   3-3-6.抗IL-12p40抗体製剤
   3-3-7.JAK阻害薬
   3-3-8.インテグリン阻害薬
   3-3-9.血球成分除去療法
 4.炎症性腸疾患の医療ニーズ
 5.最後に
キーワード
IBD,クローン病,潰瘍性大腸炎,薬剤,選定,ニーズ,セミナー,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ