ホーム > セミナー > 塗膜の強度評価と割れ・はがれに対する欠陥対策【大阪開催】

塗膜の強度評価と割れ・はがれに対する欠陥対策【大阪開催】

セミナー概要

略称
塗膜強度・欠陥対策【大阪開催】
セミナーNo.
開催日時
2019年10月09日(水)10:00~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ドーンセンター 4F 中会議室2
講師
元職業能力開発総合大学校 基盤ものづくり系 准教授 工学博士 坪田 実 氏

《専門》
 塗料物性、塗装技術と技能

《略歴》
 1974年3月 山形大学大学院工学研究科高分子化学専攻修了
 1974年4月 岐阜プラスチック工業株式会社 入社
 1975年3月 岐阜プラスチック工業株式会社 退社
 1975年4月 職業訓練大学校 塗装科 助手
 1988年4月 職業訓練大学校 塗装科 助教授
  その後、学校名変更、所属科変更を経て、
 2010年 3月 職業能力開発総合大学校 専門基礎学科 准教授 定年
 2010年 4月 同上 嘱託
 2015年 3月 同上 嘱託任期満了
 2016年 2月 川上塗料株式會社 社外取締役

《活動等》
 色材協会関東支部 塗料部会委員

《受賞》
 1982年度色材協会論文賞、2006年度日本塗装技術協会論文賞を受賞
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
■会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
 コーティング関係の原料メーカー技術担当者、塗料メーカーの品質管理・塗料設計・研究開発担当者、塗装・コーティング分野の製造担当者・工程管理者(初心者から中堅技術者)など。あるいは、コーティング技術と技能を深めたい方、コーティング被膜の付着性能、並びに物理的強度を見極めたい方。
趣旨
 コーティング材料(塗料)は流動状態で被塗物を覆い、付着、固化します。液体が固体になる塗膜形成過程では大きな相変化を伴い、内部応力を発生します。そして、この内部応力が大きい場合には、塗膜の割れを引き起こしたり、付着性が悪い場合にははがれたりします。
 本講座では、塗膜に発生する内部応力に焦点を当て、どのように発生し、塗装欠陥を引き起こすのか、どうしたら防止できるのかなどを中心に説明したいと思います。合わせて、付着塗膜がその強度を発現する機構について知って頂きたいこともありますから、次に示す内容をセミナーに盛り込みました。
 1.塗料とはどんな材料か
 2.塗料が被塗物にくっつく理論
 3.内部応力入門
 4.内部応力が原因となるはく離事例の紹介
 5.付着塗膜の強さの発現機構
 6.目的応じた評価試験機の開発事例
 本講座を受講することにより、内部応力の理解が深まり、不良現象を解析する目を養う良い機会になると思います。ぜひ、ご参加ください。
プログラム
第1章  塗料を見る目
 1.1 原料組成
 1.2 塗料の必要条件
 1.3 チョコとクッキーの分類
 1.4 チョコ、クッキー塗膜の熱的特性
 1.5 塗料用樹脂が違うと何が異なるのか

第2章 付着性を見る目
 2.1  くっつく力の発生
 2.2  付着性理論 
 2.3  付着強さの評価・試験法 

第3章 内部応力を見る目
 3.1  身の周りの収縮と湾曲現象 
 3.2  割れ・はがれと内部応力
 3.3  内部応力の測定法
 3.4  内部応力の支配要因とその対策
 3.5  内部応力が原因となるはく離事例

第4章 塗膜の強度を見る目
 4.1  付着塗膜の強さ-たわみ性・耐衝撃性の評価
 4.2  塗り重ねによる膜厚方向への物性傾斜と付着塗膜の強度
 4.3  塗膜のTgとエネルギー吸収能力
 4.4  付着塗膜の割れに及ぼす塗装系(塗り重ね)の影響
 4.5  リニアモーターカ-用路面の評価試験法と塗料設計

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
塗料,樹脂,付着性,塗膜,強度,はく離,ハガレ,割れ,内部応力,粘弾性,ガラス転移温度 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ