ホーム > セミナー > 晶析操作の基礎と所望の結晶を創り出す制御法・操作設計

☆晶析操作の基礎から、結晶化現象の解析方法、結晶品質の作り込み戦略について易しく解説します!

晶析操作の基礎と所望の結晶を創り出す制御法・操作設計

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
晶析
セミナーNo.
200252  
開催日時
2020年02月28日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 4F 第3会議室
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■会員登録とは? ⇒ よくある質問
■学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
 また、当日学生証をご持参ください。
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
 晶析を利用した研究や技術を始めたばかり,これから始めようと考えている学生・研究者・技術者から数年の研究経験を経ているが晶析に関する基礎知識があまりない,もしくは基礎から応用まで幅広く知識を身に付けたいと考えている研究者・技術者まで。
必要な予備知識
大学レベルの一般化学の知識がある方でしたら受講可能です。
講義中に,大学レベルの物理化学(熱力学)や化学工学(伝熱論,物質移動論などの移動論)の知識を必要とする箇所も有りますが,物理化学や化学工学を習得していない方にも出来るだけ分かりやすく説明しますので,高度な予備知識は要しません。
習得できる知識
・結晶(種類・構造)に関する基礎知識
・晶析に求められる製品結晶の特性
・核化・結晶成長現象の基礎知識
・結晶形態・結晶多形現象の基礎知識
・実用的なレベルの核化・結晶成長理論
・最近の機能性結晶について
趣旨
 結晶化現象を利用した工業操作は、医薬・食品のみならず、電池材料など機能性材料開発の分野で幅広く利用されています。結晶化現象を利用した操作を晶析と呼びますが、晶析は「粒子製造」と「高純度品製造」が同時に実現できる操作です。意識の有無に関わらず結晶性物質を取り扱うプロセスとその機会は多くなってきており、結晶性物質の応用範囲も多様化してきています。しかし、結晶性物質を対象とする限り、核化・成長を取り扱う「晶析操作」や、固相の「分析操作」そして「スケールアップ」などは、問題解決をするために必要な技術基盤です。
 そこでこの講演では、晶析操作の基礎から、結晶化現象の解析方法、そして結晶品質の作り込み戦略までを易しく解説します。また、結晶多形制御や結晶形態改善などの実践的な話題についても概説します。
プログラム
1.種々の機能性結晶について
  1-1.結晶構造と物性について
  1-2.構造変化の契機と連続的変化

2.晶析の目的とその応用
  2-1.晶析操作の目的と原理
  2-2.晶析装置の操作方法

3.結晶化現象の解析と速度論
  3-1.結晶成長のメカニズム
  3-2.核発生速度と成長速度
  3-3.結晶粒子品質が決定されるメカニズム(粒径分布の解析)
  3-4.結晶純度が決まるメカニズム(結晶純度)

4.結晶粒子品質の制御法
  4-1.結晶の品質を改善したい(結晶多形現象)
  4-2.結晶の形を改善したい(結晶形態変化)
  4-3.結晶の純度を改善したい(不純物取り込み)
  4-4.結晶粒子の粒径分布

5.晶析装置での操作設計
  5-1.種結晶添加効果
  5-2.冷却温度プログラム
  5-3.貧溶媒添加晶析

6.最新トピックス紹介

7.まとめ

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
晶析,結晶,制御,評価,測定,解析,品質,スケールアップ,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ