ホーム > セミナー > 基礎から学ぶ流体力学入門講座

流体力学の基礎から応用まで解説!
流体関連製品の開発・設計・製造等の業務における諸問題にお悩みの方は是非、ご参加ください!

基礎から学ぶ流体力学入門講座

~流体の運動と基礎式、管内流れ基本から応用など~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
流体力学
セミナーNo.
200380  
開催日時
2020年03月18日(水)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第5研修室
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
■会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
流体関連製品の開発・設計・製造等の業務に携わっている2~3年の若手技術者や新人の方。
習得できる知識
流体工学に関する基礎知識や管路内の流れ、および物体周りの流れに関する知識と流体問題への応用方法を習得することにより、流体関連製品の開発・設計・製造等の業務における諸問題の解決に役立てることができる。
趣旨
本セミナーは、流体工学に関する基礎知識や管路内の流れ、および物体周りの流れに関する知識を習得することにより、流体関連製品の開発・設計・製造等の業務における諸問題の解決に役立てることを目的としている。そのために、本セミナーの内容は、ベルヌーイの定理、連続の式、ナビエ・ストークス運動方程式、運動量法則などの流体工学における重要な定理や基礎式を理解することにより、今後業務において流体解析を行う上で活用できる。また、管路内流れについて、レイノルズ数、直管や各種管要素の圧力損失を理解することにより、実際における送風機やポンプを用いた管路系の設計問題に応用することができる。さらに、外部流れについて、層流境界層や乱流境界層、境界層のはく離、円柱や翼などの物体に作用する圧力分布、および揚力や抗力を理解することにより、実際の流体問題の解決に役立てることができる。以上のように、流体工学における基礎知識の習得と、実際の流体問題への応用に主眼を置いたセミナーである。
プログラム

1.流体の運動と基礎式
1-1 流線と流管
1-2 連続の式
1-3 ベルヌーイの定理と応用
1-4 ナビエ・ストークスの運動方程式
1-5 運動量法則と応用

2.管路内流れ
2-1 流れの状態とレイノルズ数
2-2 円管流における圧力損失
2-3 非円管流における圧力損失
2-4 各種管要素における圧力損失
2-5 管路系の設計問題への応用

3.外部流れ
3-1 層流境界層と乱流境界層
3-2 境界層のはく離
3-3 円柱に作用する力
3-4 翼に作用する揚力と抗力
3-5 実際の流体問題への応用


 

キーワード
流体力学,流体工学,基礎,応用,ベルヌーイ,ナビエ・ストークス,講演,セミナー,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ