ホーム > セミナー > 食品の造粒・打錠・コーティング技術とスケールアップのポイント

食品の造粒・打錠・コーティング技術とスケールアップのポイント

~固結・硬度・スティッキング... トラブル事例を交えて解説する~

※都合により、日程が変更となりました。
 4/30 ⇒ 変更後:8/28
※オンラインで受講したい方はこちらからお申し込みください。

セミナー概要

略称
食品造粒・打錠
セミナーNo.
開催日時
2020年08月28日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第4研修室
講師
秋山錠剤株式会社 品質保証部 製剤開発課  顧問 阪本 光男 氏
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

習得できる知識
・目的に応じた造粒法の適正な選択
・原料物性の適切な改質技術
・粉粒体の固結に対する改善策
・適正な打錠条件の設定
・打錠障害を防止するためのポイント
・流動層造粒の効率的なスケールアップの進め方
・剤形としてのカプセル剤(ハード・ソフト)の選択
・フィルムコーティングのポイントとスケールアップ技術
趣旨
粉体食品としては、顆粒商品に調味料、乾燥スープなどが、圧縮成型商品には角砂糖、コンソメキューブなど、そしてコーティングした商品には、チョコレート、ガムなどがある。粉体食品の製造・開発において、「造粒」・「打錠」・「コーティング」技術は重要である。
そこで、本講演では、「造粒」で食品の各種造粒法における製品特性の比較、原料物性の改質、撹拌造粒・流動層造粒・パルス流動層造粒および押出し造粒、それぞれのメカニズムと事例。
サプリメントの撹拌および流動層造粒の事例。また、食品粉粒体で問題となる固結とその防止対策および顆粒の粉化について解説する。「打錠」では各種造粒法とその錠剤物性、粉体の圧縮メカニズムと粉体の圧縮成形性評価、食品における直打法で用いる賦形剤と具体的な事例。
そして食品の錠剤化で問題となる硬度が高くならない、カケ、キャッピング・スティッキングについて、その改善策を説明する。「コーティング」においては、錠剤コーティングのポイント、糖衣コーティングとフィルムコーティングのプロセスにおける相違、サプリメントのコーティング事例、カプセル剤(ハード・ソフト)の概要とサプリメントへの応用、さらに造粒(流動層造粒)およびコーティングについてのスケールアップ、最後に食品のDDSとも言える成分放出制御技術についても触れる。
プログラム
 1.顆粒および打錠用顆粒の適切な造粒法
  1-1 食品としての造粒の目的
  1-2 食品の各種造粒法における比較(製品特性、造粒特性など)
  1-3 乳タンパクの流動性および水への分散性を改善した造粒法
  1-4 凝集性成分、潮解性の高い成分、油状成分の改質
  1-5 造粒の定義と代表的な造粒方法
  1-6 攪拌造粒、流動層造粒、パルス流動層造粒および押出し造粒、それぞれのメカニズムと事例
  1-7 サプリメント(野菜パウダー、大豆ペプチドなど)の撹拌および流動層造粒の事例
  1-8 粉末食品(ココア、小麦粉、粉糖など)の流動層造粒プロセスにおける自動化の事例
  1-9 乾式造粒のメカニズムと事例(添加剤としてコメデンプン、結晶セルロースなどを用いた)
  1-10食品粉体粒子における固結現象とその防止対策および各種造粒法における食品の顆粒強度(粉化率)
  1-11 流動層造粒におけるスケールアップとスケールアップでの問題点

 2.粉体の圧縮機構および打錠障害とその改善法
  2-1  錠剤化の目的と特徴
  2-2  医薬品としての錠剤と食品の錠剤との相違
  2-3  造粒法 (流動層造粒、多機能型造粒、加熱転動造粒、高速攪拌造粒、乾式造粒法) と錠剤物性
  2-4  直接打錠法のメリットと直接打錠法で最も重要な要因は?
  2-5  直接打錠用賦形剤(乳糖グラニュ‐、パーフィラー102)を用いた錠剤化の事例
  2-6  サプリメントの錠剤化 の事例(グルコサミン塩酸塩)
  2-7  粉体の打錠メカニズムと粉体の圧縮性評価
  2-8  打錠で要求される要素(充填性、結合性、離型性)と要因(粉体側および打錠機側)
  2-9  打錠障害(キャッピング、スティッキング等)とその改善策
  2-10 内部滑沢と外部滑沢法の比較
  2-11滑沢剤の混合時間と錠剤強度および滑沢剤の混合時間と展延状態は?
  2-12食品の錠剤化における問題点(硬度が高くならない、カケ、キャッピング、スティッキング)とその改善策
 
 3.コーティング技術とトラブル対策
  3-1  コーティングの役割
  3-2  錠剤コーティングにおけるポイント
    (素錠の特性、コーティングにおける濡れと乾燥の制御、コーティングの均一性)
  3-3  コーティングのメカニズム(粒子に働く付着:付着力と分離力)
  3-4  食品用コーティング剤一覧
  3-5  コーティング装置(通気乾燥型コーティング装置、攪拌流動層装置など)
  3-6  シュガーコーティング(糖衣錠の概要、トラブルとその改善法)
  3-7  糖衣コーティングとフィルムコーティングのプロセスにおける相違は?
  3-8  フィルムコーティングの事例
  3-9  フィルムコーティングのトラブルシューティング
  3-10 水系コーティング3大トラブル(ピーリング、ブリッジング、ブラックネス現象)とその対策
  3-11 カプセル剤(ハード・ソフト)の概要とサプリメントへの応用
  3-12 サプリメント(食品)におけるコーティング
      (潮解性成分の改質、イチョウ葉エキス末含有錠、耐酸性を有するビフィズス菌含有錠の製造)
  3-13 フィルムコーティングのスケールアップ
  3-14 サプリメントにおける成分放出制御技術(ビタミンCの生体利用率の向上)

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
造粒,打錠,コーティング,添加剤,サプリメント,カプセル,糖衣,セミナー,講演

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ