ホーム > セミナー > 「部下育成コミュニケーション術」ワークショップ

パワハラを心配する上司必見!

「部下育成コミュニケーション術」ワークショップ

パワハラと指導の差とは?部下との信頼関係を構築する方法とは?部下育成のための対話術とは?

セミナー概要

略称
コミュニケーション
セミナーNo.
開催日時
2020年06月16日(火)13:00~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
講師
モチベートワーク総研合同会社 代表 山本 一羊 氏
《ご専門》
経営学、コミュニケーション学
《ご略歴》
アクセンチュア時代、米国駐在中のプロジェクトに参画した際、日本と米国のリーダーシップやコミュニケーションの違いに衝撃を受ける。
その後国際経営学を学ぶため、サンダーバード国際経営大学院にて、20か国以上の学生と接し、異文化コミュニケーションの奥深さを知る。
帰国後はグロービスで能力開発プログラムの企画立案運営に従事し、その後、企業研修で経営学及び管理職及びシニアコミュニケーションについて数多くのプログラムを企画、提供する。
《出版》
「レベル6パフォーマンス 本番で最高の力を発揮する法」(日本実業出版社)
「できるリーダーのチェンジトークコミュニケーション」(セルバ出版)

価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

趣旨
2019年5月29日に女性活躍ハラスメント規制法が成立し、遅くとも2020年6月には施行されることになります。本セミナーでは、管理職・シニア層を対象に、まず、パワハラとは一体どういうものか、そして指導との差は何かを学びます。次に、部下との信頼関係を構築するための方法から、さらには、前向きで自律的に仕事に取り組む部下育成のための対話術を、ロールプレイを通じて習得します。会話法のベースとなるのは、「動機づけ面接手法」という1970年代に医学の世界で研究がスタートし、今では、再犯防止、スクールカウンセリング、企業内のリーダー養成まで多岐に渡り発展を遂げている実績ある方法論です。プログラムには、受講生が参加できる演習を多く組み入れ、実際に「職場で使えるコミュニケーション術」の習得を目指しています。
プログラム
1.問題のある上司タイプ

2.パワーハラスメントと指導の違い
 2-1一体何が違うのか (パワハラ判別 演習)

3.テレビドラマから考えてみる ・上司の指示型と支援型アプローチ

4.部下との信頼関係作りとは
 4-1関わる 4-2傾聴する (傾聴 対話演習)
 4-3共感する 4-4是認する 4-5感謝する

5.自律的に動ける部下育成のための対話術
 5-1人が行動する動機のメカニズム
 5-2チェンジトーク(自己動機づけ発言)
 5-3質問方法 (チェンジトークを引き出す 対話演習)
 5-4聞き返し 5-5サマライズ(話のまとめ方)

6. 総合演習 (対話演習)

【質疑応答等】
キーワード
コミュニケーション、部下育成、パワハラ、ワークショップ、研修、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ