ホーム > セミナー > 半導体市場・電子産業の動向分析と新型コロナウイルスの影響および展望 【LIVE配信】

※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。自宅や職場のPCで受講できます。見逃し配信あり!

半導体市場・電子産業の動向分析と新型コロナウイルスの影響および展望
【LIVE配信】

~日系企業の取るべき戦略について~

セミナー概要

略称
半導体・電子産業動向【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2020年10月14日(水)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
講師
グロスバーグ合同会社 代表 大山 聡 氏

《専門》
 半導体、エレクトロニクス
《略歴》
 1985年3月 慶應義塾大学大学 工学研究科 管理工学修士課程 修了
 1985年4月 東京エレクトロン(株) 入社
 1992年6月 日本データクエスト(株) (現・ガートナージャパン)入社
 1996年10月 BZW(現・バークレイズ)証券 入社
 1997年12月 ABN AMRO証券 入社
 2001年11月 リーマンブラザーズ証券 入社
 2004年12月 富士通(株) 入社(電子デバイス事業本部 戦略企画室 主席部長)
 2010年10月 アイサプライジャパン(現・IHS Markit)入社
 2017年9月 IHS Markitを退社、自身で設立したグロスバーグ社のコンサル事業に専念

※略歴については、下記Webサイト参照
grossberg.jp/about-us/
価格
非会員: 44,000円(税込)
会員: 39,600円(税込)
学生: 44,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で44,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、39,600円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計44,000円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
見逃し配信あり(参加者のみ受講後1週間だけ閲覧可)
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
持参物
受講にはWindowsPCを推奨しております。
タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
備考
資料付

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。Zoomアプリをダウンロードしてご受講いただくことをお薦めいたしますが、やむを得ずダウンロードできない場合は、Webブラウザ版(Google Chrome推奨)でもご受講いただけます。

・このホームページからお申し込みされた場合、すぐに自動返信メールが届きます。弊社のシステム上、メールの文面が通常セミナーでの受付内容になっておりますが、LIVE配信のセミナーで参加登録ができておりますので、ご安心ください。

・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき、前日までに必ず動作確認をお願いします。セミナー資料はPDFデータを前日までに、メール添付かFire Storageでお送りいたします。

・開催日直前に別途視聴用のURLを記載した招待メールをお送りいたします。セミナー開催日時の10分前に、視聴用のURLよりログインしていただき、ご受講ください。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。

・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。

講義の録音、録画などの行為や、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

講座の内容

受講対象・レベル
半導体・エレクトロニクス産業に関わる方全般
習得できる知識
・コロナによる各業界への影響:パソコン、スマホ、家電、自動車など
・日系電子機器業界への影響:日立、東芝、三菱電機、NEC、富士通、パナソニック、シャープ、ソニー、大手電機8社へのインパクト
・日系企業の取るべき戦略
趣旨
 新型コロナウィルスは今や世界中に拡散しており、これがいつ終息するのか、日本を含めて多くの地域で目処が立っていない。エレクトロニクス業界で言えば、2020年はスマートフォン(スマホ)もパソコンも需要が前年を下回り、これが半導体需要を引き下げる要因となっている。自動車業界に至っては、リーマンショックを上回る悪影響で、不況の長期化が懸念されている。今回は、新型コロナウィルスの拡散がエレクトロニクス業界にどのような影響を与えているのか、特に日本の電子産業にどのような影響が及んでいるのか、そしてこれにどのように対処すべきかについて、考え方を整理してみたいと思う。
プログラム
第1部 半導体市場への影響
 ・WSTSなどの統計データを元に、半導体市場の動向を分析し、主な半導体メーカーのコメントを紹介する

第2部 電子機器市場への影響
 ・スマホ、パソコン、データセンター、テレビ、自動車、各市場への影響
 ・電子機器市場の見通し

第3部 日本電子産業への影響
 ・日立、東芝、三菱電機、NEC、富士通、パナソニック、シャープ、ソニーへの影響
 ・日本の電子産業の現状

第4部 日系企業の取るべき戦略
 ・DXの積極的導入、グローバルよりローカルを意識した戦略、顧客対応に「擦り合せ」を活用した戦略
スケジュール
13:00~14:00 講義(第1部、第2部)
14:00~14:10 休憩
14:10~15:00 講義(第3部)
15:00~15:10 休憩
15:10~16:00 講義(第4部)
※進行により多少前後する可能性がございます。
※質疑応答は随時チャット形式で受け付けます。休憩前に音声でも承ります。
キーワード
半導体,エレクトロニクス,電子,市場,産業,動向,分析,展望,戦略,研修.講座.セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ