ホーム > セミナー > 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向

自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
パワーエレクトロニクス
セミナーNo.
cmc190207  
開催日時
2019年02月26日(火)10:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア 5F 会議室502
価格
非会員: 50,000円(税込)
会員: 45,000円(税込)
学生: 50,000円(税込)
価格関連備考
1名につき50,000円(税込)※昼食・資料代含

メール会員登録者は 45,000円(税込)

★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。

講座の内容

受講対象・レベル
経験5年程度の関連業界のエンジニア
習得できる知識
現在市販車に使われている技術の概要が理解できる。PCUとインバータ、自動車用パワーエレクトロニクス、モータ制御の概要
趣旨
 現在、パワーエレクトロニクス技術は、EV、HEVはいうに及ばず、エンジン駆動の自動車においても、パワステをはじめとした様々な補機等にも適用されてきている。ところが車載する自動車用パワーエレクトロニクスは産業機械、家電などへの応用で発展してきたこれまでのパワーエレクトロニクスと少し異なる視点が求められている。
 本講演では、インバータ、モータなどの主機の技術だけでなく、充電器、電動パワステ、電動エアコンなどをはじめとする自動車用パワエレ技術全般に関し、動向、今後の課題について、幅広く解説する。
プログラム

1.パワーエレクトロニクスの概要
 1.1 パワーエレクトロニクスとは
 1.2 スイッチングによる電力変換
 1.3 インダクタンスとキャパシタンスの働き

2.最新のEV,HEVにみるパワーエレクトロニクステム
 2.1 EV・HVの構成とパワートレーン
 2.2 最新のパワーエレクトロニクス機器

3.自動車用パワーエレクトロニクスの技術
 3.1 自動車パワエレとは
 3.2 自動車の接地環境

4.インバータの技術
 4.1 PCUとECU
 4.2 インバータの制御
 4.3 PCUへの適用技術
 4.4 モータ制御の技術

5.DCDCコンバータと充電装置
 5.1 DCDCコンバータの重要性
 5.2 昇圧コンバータと双方向コンバータ
 5.3 充電回路の技術

6.パワーエレクトロニクスの冷却
 6.1 損失
 6.2 放熱設計
 6.3 自動車での冷却技術

7.自動車用パワーエレクトロニクスの今後の動向と将来の展望
 7.1 48Vシステム
 7.2 自動運転
 7.3 パワーデバイス 

※ 適宜休憩が入ります。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ