ホーム > セミナー > カーインテリア製品の「座り心地」「触感」の評価方法と数値化方法

カーインテリア製品の「座り心地」「触感」の評価方法と数値化方法

セミナー概要

略称
カーインテリア製品
セミナーNo.
cmc190804  
開催日時
2019年08月23日(金)13:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア 503会議室
講師
信州大学繊維学部 特任教授 西松 豊典 氏 
【講師経歴】
 視覚や触知覚で評価した製品の心地の定量化に関する研究に従事
 1977年~1993年 三重県工業技術センターに勤務.
 1993年4月より信州大学繊維学部助教授,
 2000年同教授,
 2018年4月繊維学部特任教授・名誉教授
価格
非会員: 48,000円(税込)
会員: 44,000円(税込)
学生: 48,000円(税込)
価格関連備考
48,000円(税込) ※ 資料付
* メール会員登録者は 44,000円(税込)

★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。
★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

受講対象・レベル
自動車シート・カーインテリアメーカー、さらにはその原料・部品メーカーまで、官能評価に関わる研究者・技術者。基礎からわかりやすく解説しますので、予備知識は不要です。
習得できる知識
・製品の心地良さ(座り心地、触感)を評価するには, どのような官能検査手法を用いたらよいか
・心地(座り心地、触感)の官能検査結果をどのように解析し、まとめる方法
・心地(座り心地、触感)を製品の物理特性より数値として予測する手法について
・人間快適工学を用いて商品化された感性製品の事例(インパネ、自動車シート)
趣旨
 今回のセミナーは、触知覚に基づいて評価されているカーインテリア製品の快適性(「心地」である座り心地、触感)をどのような官能検査手法を用いて実験・評価・解析を行ったらよいか、演習を行いながら進めます。また、製品の「心地」に関連する物理特性を測定し評価する方法を学びます。そして、物理特性より製品の「心地(座り心地、触感)」を予測する手法を理解します。さらに、研究開発を行った感性製品の具体例(インパネの触感、シートの座り心地)をわかりやすく説明します。
プログラム
  ※ 適宜休憩が入ります。

1.人間の触知覚機能について

2.人間快適工学とは
  (快適性「心地」を数値化するには)

3.「心地(座り心地、触感)」の官能検査方法とは
 (1)「心地(座り心地、触感)」を評価するための官能検査方法とは
 (2) 官能検査を行う前の準備について
  (被験者の選び方と人数,心地を評価する試技と形容語,官能検査用紙の作り方)
 (3) 被験者の判定能力を検定する方法について【演習】
 (4) 一対比較法で評価した官能検査結果を解析して数値化するには
 (5) SD法で評価した官能検査結果を解析して数値化するには【演習】

4.機器で測定した製品の物理特性と「心地」との関係について
  (測定風景を映像で見ます)
 (1)「硬軟感」に関連する圧縮特性の測定・評価方法
 (2)「粗滑感・乾湿感」に関連する摩擦特性の測定・評価方法
 (3)「温冷感」に関連する温熱特性の測定・評価方法

5.感性製品の開発の具体例
 (1) カーインテリア(インパネ)の「触感」をインパネの物理特性より予測するには
 (2) シート表皮布の「手触り感」をシート表皮布の物理特性より予測するには
 (3) シート表皮布の「手触り感」とシートの「座り心地」との相関関係について
 (4) パッドの物理特性(硬度)よりシートの「座り心地」を予測するには

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ