ホーム > セミナー > Cdフリーとペロブスカイトの登場でQD再浮上  広色域論争で大画面TVの勢力図が激変!

Cdフリーとペロブスカイトの登場でQD再浮上 
広色域論争で大画面TVの勢力図が激変!

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
量子ドット(QD)
セミナーNo.
cmc191210  
開催日時
2019年12月18日(水)12:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア 5F
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 44,000円(税込)
学生: 49,500円(税込)
価格関連備考
1名につき 49,500円(税込)※ 資料付

メール会員登録者は 44,000円(税込)
 ★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

習得できる知識
長期的視野でのディスプレイの技術と産業の動向
趣旨
QD(量子ドット)は、2013年にディスプレイ応用で登場し広色域化の有望な材料として期待が高まったが、その後の成長は期待に反して低迷していた。その原因であったCd材料に対する拒否反応と高コストの問題も解が見え始め、ここ一二年でSamsungをはじめ中国メーカによる大画面TVへの採用が伸び始めた。更にはBlue OLED+QD CFの開発、Micro LEDへの応用、ペロブスカイトの登場などでQDに対する期待が復活してきた。
 この様な状況の中で、大型TVを牽引してきたLGのOLED TVとSamsungのQLED(QD-LCD)TVの論争が起き、両社は「広色域」に対する主張で真っ向からぶつかり、その行方は今後の「広色域化」の方向と共に、大画面OLED TVとLCD TVの市場、更には将来のMicro LEDへ大きく影響することになる。
 本講座では、WW各地のディスプレイ関連イベントを網羅し、業界各社のQDに対するアピールやOLED vs. QLEDの熾烈な競争を目の当たりにしてきた状況をお伝えすると共に、広色域化をベースとした今後のQD-LCDやOLEDの方向を見通す。
プログラム
1. 量子ドット(QD)のディスプレイ応用の最新状況
 1-1 展示会・会議等でのアピールと市場への浸透状況
 1-2 SamsungのQLED vs. LGのOLEDの高色域論争
 1-3 Cdフリー、ペロブスカイトに対する動き

2. 量子ドットの技術
 2-1 構造、特徴、原理をわかりやすく解説する
 2-2 LCDへの応用で先行するPL Mode
 2-3 OLED代替のQLEDを実現するEL Mode
 2-4 Cd規制の現状
 2-5 新たに注目され始めたペロブスカイト
 2-6 Cd系からCdフリー系へ

3. 関連企業の特徴とビジネス戦略
 3-1 LGの大画面OLED TV戦略
 3-2 SamsungのQLED TVとCdフリー戦略
 3-3 欧米QD材料ベンチャーと参入するアジアのメーカ
 3-4 奮闘する日本のQD材料メーカ
 3-5 QD採用を睨む中国セットメーカ

4. 広色域化競争の今後の方向
 4-1 高色域化のトレンド
 4-2 QD-LCD, OLED, Micro LEDの競い合い
 4-3 性能とユーザビリティーで競う今後のディスプレイ
 4-4 サプライチェーンの変化とビジネスチャンス
 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ