ホーム > セミナー > テラヘルツ波のセンシング・イメージング応用と光源・検出器の基本 

テラヘルツ波のセンシング・イメージング応用と光源・検出器の基本 

~ 安全安心・医療医薬への展開 ~

セミナー概要

略称
テラヘルツ波
セミナーNo.
cmc200215  
開催日時
2020年02月27日(木)10:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア 5F 503会議室
講師
Tera-eyes 技術研究所 所長/代表・筑波大学 教授
尾内 敏彦 氏  

【講師経歴】
 1988年3月 東京工業大学大学院 理工学研究科 修了
 1988年4月-2018年3月 キヤノン㈱(R&D本部、知財本部)・光デバイス・システムの研究開発と製品導入・テラヘルツデバイス・イメージング技術の研究開発・知的財産人材育成・グループ会社知財支援
 2004年10月-2008年3月 理化学研究所チームリーダー(テラヘルツ生体センシング、兼務)
 2018年4月-現在 筑波大学 国際産学連携本部 教授(起業家教育)
 2019年9月-現在 Tera-eyes 技術研究所 所長/代表(技術・知財コンサルティング、兼業)
 2002年 博士(工学)、2005年 技術士(電気電子部門)、2013年 弁理士試験合格
価格
非会員: 51,700円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 51,700円(税込)
価格関連備考
1名につき 51,700円(税込)※ 資料代、昼食付

メール会員登録者は 46,200円(税込)
 ★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

受講対象・レベル
・次世代の技術シーズ調査担当者、新規研究開発テーマ探索・企画担当者、新規光・半導体デバイス研究開発者、新規センシング・イメージング技術研究開発者、テラヘルツ・遠赤外光技術の研究者
習得できる知識
テラヘルツ波の基礎と産業応用、テラヘルツシステムの構築技術、テラヘルツ光源・検出器技術、テラヘルツ医用工学、テラヘルツイメージング
趣旨
光と電波の間の電磁波領域であるテラヘルツ波は、紙・プラスティックなどの非極性物質を透過する性質や物質固有の振動スペクトルを非接触で分析できるなど、これまでに見られなかった物質の内部情報を非破壊でイメージ・センシングできるユニークな技術として着目されている。しかし、ここ10年以上実用的な光源・検出器の開発が十分進んでおらず、その結果産業として大きく伸びていない状況である。しかしながら、ラジオ波からX線まで人類に有効に活用されている電磁波のギャップとなっているテラヘルツ光は、システムが高効率化すれば上記ユニークな特徴を活かして、近い将来必ず産業化されるものと考えられている。
 本セミナーでは、テラヘルツ波の基礎知識から始まり、電子デバイス/光デバイスの両面から光源・検出器の基本について、またセンシング・イメージングシステムを組む上での必要知識を解説する。さらに、テラヘルツ波のシステムの早期導入が期待される安全安心分野、医療医薬分野に応用する研究開発事例を中心に紹介し、新規産業に展開するためのキーポイントを述べる。
プログラム
1.テラヘルツ波によるセンシング・イメージング技術
 1.1 テラヘルツ波の基本
 1.2 テラヘルツセンシング
 1.3 テラヘルツイメージング
 1.4 テラヘルツ分光

2.テラヘルツ光源デバイス
 2.1 光励起型デバイス
  2.1.1 光伝導素子
  2.1.2 非線形光素子
 2.2 テラヘルツ発振器
  2.2.1 量子カスケードレーザ
  2.2.2 共鳴トンネルダイオード発振器
  2.2.3 超伝導発振器

3.テラヘルツ検出器デバイス
 3.1 単一検出素子
  3.1.1 非線形光素子
  3.1.2 半導体素子
 3.2 イメージング素子

4.テラヘルツシステムとその産業応用
 4.1 安全安心応用
  4.1.1 物質同定
  4.1.2 透視イメージング
 4.2 医療医薬応用
  4.2.1 バイオセンシング
  4.2.2 医薬品検査
  4.2.3 医療診断
 4.3 その他の応用

5.まとめと今後の展望

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ