ホーム > セミナー > 第一原理計算によるマテリアル・デバイス設計【WEBセミナー】

第一原理計算によるマテリアル・デバイス設計【WEBセミナー】

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
マテリアル・デバイス【WEBセミナー】
セミナーNo.
cmc201009  
開催日時
2020年10月07日(水)12:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 46,200円(税込)
会員: 40,700円(税込)
学生: 価格未設定
価格関連備考
1名につき 46,200円(税込)※ 資料付

メール会員登録者は 40,700円(税込)
 ★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2名目は無料、3名目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
備考
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
 → https://zoom.us/test
・当日はリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・お手元のPC等にカメラ、マイク等がなくてもご視聴いただけます。この場合、音声での質問はできませんが、チャット機能、Q&A機能はご利用いただけます。
・ただし、セミナー中の質問形式や講師との個別のやり取りは講師の判断によります。ご了承ください。
・「Zoom」についてはこちら↓をご参照ください。
       https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

講座の内容

受講対象・レベル
企業の研究開発部門において、第一原理計算コードを使う研究者、
実験的手法を用いて、ナノ構造の構造・機能解析、新規マテリアル・デバイス設計に携わる研究者
習得できる知識
ナノ構造の電子状態と電気伝導に関する知識、
密度汎関数理論に基づく第一原理電子状態・電気伝導特性計算法に関する基礎とその応用例に関する知識、
第一原理計算に用いられる最先端計算機に関する知識
趣旨
 計算機の高性能化が進むなか、第一原理に基づく電子状態計算は、新規マテリアルの開発やデバイスの設計に有力なツールとなりつつある。近年では、機械学習やAIと結びつき、多くのパラメータ空間の中から要求される物性を持つマテリアルや機能を示すデバイスを見つけ出すことも可能になりつつある。本セミナーでは、物性解析・機能予測の根幹をなす第一原理計算の基礎知識と応用例を紹介する。
プログラム
I. 物質の電子状態と電子状態計算法
 I-1. 物質の電子状態
 I-2. 密度汎関数理論
 I-3. 電子状態の数値計算法

II. ナノ構造の電子状態と電気伝導
 II-1. ナノ構造の電子状態
 II-2. 結晶中の電気伝導
 II-3. ナノデバイス中の電気伝導

III. 第一原理計算によるマテリアル・デバイス機能解析と予測の応用例
 Ⅲ-1. 表面・界面系の電子状態解析と予測
 Ⅲ-2. 分子デバイスの電気伝導特性解析と予測
 Ⅲ-3. 表面・界面におけるキャリア散乱解析と予測

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ