ホーム > セミナー > 機能性フィラーの技術・開発動向

機能性フィラーの技術・開発動向

※日程が変更になりました(12/27更新)
1月11日 → 2月20日(水)

セミナー概要

略称
機能性フィラー
セミナーNo.
jms190101  
開催日時
2019年02月20日(水)09:55~16:20
主催
(株)ジャパンマーケティングサーベイ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
会場未定 
講師
<1>公益財団法人 名古屋産業科学研究所 研究部 博士(工学)小長谷 重次 氏

<2>株式会社トクヤマ Si製造部 技術2課 主任 永野 尊凡 氏

<3>京都大学大学院 工学研究科高分子化学専攻 教授 田中 一生 氏

<4>信州大学 カーボン科学研究所 特任教授 野口 徹 氏
価格
非会員: 57,240円(本体価格:53,000円)
会員: 57,240円(本体価格:53,000円)
学生: 57,240円(本体価格:53,000円)
価格関連備考
1名様 53,000円(税別)テキスト及び昼食を含む
定員
50名

講座の内容

趣旨
 IT、ディスプレイ、自動車、電池、回路、半導体パッケージ等のエレクトロニクス分野に
おける機能性フィラーの技術・開発動向について、詳細に解説して頂くことにより、
関連する業界の方々のビジネスに役立てて頂くことを目的とします。
プログラム

第一部 機能性フィラーの概要と技術動向


1.機能性フィラーの種類・機能と開発動向

2.導電性フィラー及び透明導電材の技術開発動向

3.機能性フィラー活用における課題とその対策

4.将来展望

第二部 半導体封止材シリカフィラーの技術動向と高充填技術

1.各種シリカフィラーの概要

2.半導体封止材フィラーの技術動向

3.フィラー/樹脂の高充填技術


第三部 POSSフィラーによる高分子の耐熱性向上と屈折率制御 

1.有機‐無機ハイブリッド材料・POSSフィラーの概要

2.高・低屈折率材料の技術・開発動向

3.高・低屈折率材料の課題・問題点と解決のための研究事例

4.最近の成果・将来展望


第四部 カーボンナノチューブと複合材料の技術動向および応用展開


1.カーボンナノチューブ(CNT)フィラーの概要

2.CNTフィラー複合材料の概要

3.技術・開発動向

4.課題・問題点

5.将来展望

スケジュール
10:00~11:25 第一部
11:35~12:30 第二部
12:35~13:15 昼食
13:15~14:40 第三部
14:50~16:15 第四部
※各講演時間に5分程度の質疑応答を含みます。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ