ホーム > セミナー > 近代的工場管理の新常識を学ぶ “見直すべき15の視点”

近代的工場管理の新常識を学ぶ “見直すべき15の視点”

- 従来の常識を疑ってみると、驚くほどの成果がでる-

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
工場管理
セミナーNo.
om171201  
開催日時
2017年12月07日(木)10:00~15:00
主催
近江技術士事務所
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
すみだ産業会館 第1会議室
価格
非会員: 32,184円(税込)
会員: 32,184円(税込)
学校関係者: 32,184円(税込)
価格関連備考
29,800円 (昼食代とテキスト代込、消費税別)

講座の内容

受講対象・レベル
従来のやり方に限界を感じ、近代的な工場管理を正しく学びたい工場管理者の参加をお待ちしております
プログラム
1.機械の稼働率を上げるな
2.同じ製品をまとめてつくるな
3.原料をまとめて買うな
4.分業は最も効率が悪い
5.安い外注に依頼すると逆にコストアップしてしまう
6.製造原価は考えなくてよい(原価計算の恐ろしい罠)
7.クレームを減らしたいなら、社内不良を増やしなさい
8.品質不良を無くすには、不良の原因究明をやめなさい
9.機械の段取回数はどんどん増やしなさい
10.運搬回数もどんどん増やしなさい
11.棚卸を一瞬で終える方法
12.現場のリーダーが製造ラインに入ると生産性は下がる
13.いくら「ムダ」をとっても工場の生産性は上がらない
14.原材料が欠品するのは、実は「正常」なこと
15.ISO9001を取得しても、工場の品質レベルは全く上がらない

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ