ホーム > セミナー > 全固体電池開発の現状と将来展望

【急加速するEV用電池の進化】

全固体電池開発の現状と将来展望

~実用化へのロードマップ~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
全固体電池
セミナーNo.
ssk190501  
開催日時
2019年05月16日(木)14:00~17:00
主催
(株)新社会システム総合研究所
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
SSK セミナールーム 
価格
非会員: 33,700円(税込)
会員: 33,700円(税込)
学生: 33,700円(税込)
価格関連備考
1名につき 33,700円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)

講座の内容

趣旨
 リチウムイオン電池の全固体化は、有機溶媒電解質に起因する様々な問題を解決するものとして期待されており、近年は特に自動車の電動化を促進するものと期待されている。講演では、固体電解質、全固体電池の歴史から、リチウムイオン電池の全固体化に向けて開発された固体電解質、それらを使用した際に界面で生じる課題ならび解決に向けた取り組みについて解説し、全固体電池開発の現状の把握に努めるとともに将来展望についても紹介する。
プログラム
1.全固体電池開発の歴史
 
2.リチウムイオン電池の全固体化 

3.硫化物固体電解質系全固体電池の開発現状 

4.酸化物固体電解質系全固体電池への展望 

5.質疑応答/名刺交換

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ