ホーム > セミナー > 蛍光X線分析を使いこなすための必須知識と測定・解析のコツ

★予備知識は必要ありません。基礎の基礎から測定・解析法、応用までを半日で学べるセミナーです。
★日頃の悩み・疑問・課題の解決にもお役立ていただけます。

蛍光X線分析を使いこなすための必須知識と測定・解析のコツ

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
蛍光X線分析
セミナーNo.
st180223  
開催日時
2018年02月22日(木)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 4F 第1特別講習室
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学生: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

受講対象・レベル
・予備知識は不要です。
習得できる知識
・X線分析の基礎と実際
・原理・試料準備・測定法・解析法
・実際の測定例からコツを学ぶ
趣旨
 蛍光X線分析を始めたばかりの初心者、これから始める人にもわかりやすい内容で、蛍光X線分析の原理から解析・応用までの一連の手法を紹介します。
 また、SEM-EDSとエネルギー分散蛍光X線分析(EDXRF)法との違いを明確にするなど、どういう時にどんな表面分析装置を用いたら良いかの概論についても言及するとともに、実際に蛍光X線分析を行っている方々の悩みや疑問の解決の助力となる分析例の紹介も行います。さらに、蛍光X線分析法を拡張した異物分析についての紹介も行います。
プログラム
1.X線分析入門
 1.1 知っておきたいX線分析の基礎
 1.2 X線の発生
 1.3 X線の検出
 1.4 X線の性質
 
2.蛍光X線分析
 2.1 蛍光X線分析とは
 2.2 蛍光X線分析装置の種類
 2.3 蛍光X線の発生原理
 2.4 一次フィルターと二次フィルター
 
3.蛍光X線分析の実際
 3.1 試料の調整法
 3.2 定性分析
  3.2.1 スペクトルのエネルギーと定性分析について
  3.2.2 バックグラウンドの補正
  3.2.3 サムピーク,エスケープピーク,回折ピーク
  3.2.4 デコンボリューション
  3.2.5 元素マッピング
 3.3 定量分析
  3.3.1 検量線法
  3.3.2 FP法
 3.4 分析に必要な知識
  3.4.1 管電圧と測定時間の決定
  3.4.2 各種補正
 3.5 膜厚の測定
 
4.その他
 4.1 SEM-EDSとXRFとの違い他
 4.2 異物分析
 
5.蛍光X線分析の例


 □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ