ホーム > セミナー > 高分子塗膜の物性と評価・測定

高分子塗膜の物性について、付着・内部応力・力学的性質など、詳しく解説します。
最適な塗膜の形成や高度な物性付与、トラブル解決などに、ぜひこの機会をお役立てください。

高分子塗膜の物性と評価・測定

~付着力の評価・最適化、内部応力・ひずみ、力学物性・熱物性、耐食性など~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
高分子塗膜
セミナーNo.
st180806  
開催日時
2018年08月08日(水)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 6F 中会議室
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学生: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 (会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
備考
資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

受講対象・レベル
広く高分子色材の開発に関わって、ボトルネック技術で困っている技術者
習得できる知識
高分子色材の評価手法の理解、材料開発におけるキーポイント
趣旨
 本セミナーでは、塗料開発の立場から塗膜物性に携わってきた経験に基づき、高分子塗膜の物性について、付着の最適化、力学的性質、内部応力とひずみ、耐食性の各面から基礎を解説する。さらに、最新の剥離強度解析法、薄膜の内部応力測定技術や粉体のぬれ性評価技術についても紹介する。
プログラム

1.塗膜の付着
 1.1 塗料のぬれ性
 1.2 液体の表面張力
 1.3 固体の表面張力
 1.4 付着要素と付着の最適化
 
2.表面張力の測定法

 2.1 各種表面張力測定法
 2.2 動的表面張力測定法
 2.3 粉体のぬれ性評価法
 
3.塗膜の力学的強度
 3.1 変形と応力
 3.2 弾性(ゴム弾性と架橋密度理論)
 3.3 応力-ひずみ曲線と塗膜の性質
 3.4 温度-速度換算則
 3.5 粘弾性の基礎
 
4.内部応力
 4.1 内部応力の発生メカニズム
 4.2 内部応の各種測定法とその比較
 4.3 新しい内部応力測定法
  4.3.1 FSB法
  4.3.2 TFD法
 4.4 内部応力の測定と応用
  4.4.1 付着強度に及ぼす内部応力の影響
  4.4.2 RC硬化塗膜における内部応力
 
5.高分子の熱分析とガラス転移近傍の熱挙動
 
6.オスミウム酸染色法によるUVコーティングの硬化性評価
 
7.角度自在横型引張試験機による軽荷重および高速引張領域での最新粘着・剥離性評価手法
 
8.粉体ぬれ浸透解析装置の紹介
 
9.塗膜表面の観察技術

 9.1 走査型電子顕微鏡による観察
 9.2 走査型プローブ顕微鏡による観察
 9.3 光学的方法による観察
 9.4 表面観察法の比較
 9.5 表面分析法の特徴と活用
 
10.塗膜の腐食防食
 10.1 腐食の電気化学
 10.2 塗膜のバリヤー性
 10.3 塗膜による金属の腐食抑制
 10.4 塗膜下腐食の形態

 □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ