ホーム > セミナー > 車載用ディスプレイ・タッチパネルの市場・技術と要求特性【大阪開催】

車載用ディスプレイ・タッチパネルの市場・技術と要求特性【大阪開催】

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
車載用ディスプレイ【大阪開催】
セミナーNo.
stb170103  
開催日時
2017年01月31日(火)12:30~16:40
主催
S&T出版(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ドーンセンター 
価格
非会員: 46,000円(税込)
会員: 43,500円(税込)
学校関係者: 46,000円(税込)
価格関連備考
46,000円 会員価格43,500円 ※資料代を含む
 Eメール案内登録をしていただいた方には、会員価格を適用いたします。
<1名様分の受講料で2名様まで受講できます。>
 ※2名様ご参加は同一会社・法人からの同時申込に限ります。
 ※2名様ご参加は2名様分の参加申込が必要です。ご連絡なく2名様のご参加はできません。
 ※3名様以上のご参加は、追加1名様あたり10,800円OFFになります。

講座の内容

プログラム

第1部 車載ディスプレイ・タッチパネルの市場・技術動向と要求特性

12:30~14:00

車載用ディスプレイおよびタッチパネルの市場および技術動向を概説する。民生用デバイスと車載用デバイスの差異を明確にし、要求される特性および信頼性を詳述する。「なぜ、曲面なのか」の疑問にも答える。車載用ディスプレイとしてのTFT-LCDとAMOLEDを比較し、フレキシブル化等の課題を明確にする。これらデバイスの製造装置や構成材料の開発・実用化事例を紹介する。

1. 市場動向
 1.1 車載用ディスプレイ
 1.2 車載用タッチパネル
2. 技術動向
 2.1 車載用ディスプレイ
 2.2 車載用タッチパネル
3. 車載用ディスプレイに要求される性能、信頼性
 3.1 形状、型
 3.2 解像度、色再現範囲、コントラスト比
 3.3 新規応用
 3.4 TFT-LCD vs. AMOLED
4. 車載用タッチパネルに要求される性能、信頼性
 4.1 抵抗膜式
 4.2 投影型静電容量式
 4.3 新規方式(ジェスチャー、3Dなど)
5. 視認性向上技術
 5.1 ギラツキ防止、低反射化
 5.2 撥水、撥油、防汚
 5.3 OCA、OCR
6. ITO代替材料
 6.1 銅
 6.2 カーボンナノチューブ(CNT)
7. 将来展望とまとめ
 

第2部 曲面・異形状カバーパネルへのタッチパネル・ディスプレイの貼り合せ技術

14:05~15:35

FUKではこれまで主にフラット形状の貼合プロセス・装置を数多く生み出して参りましたが、近年は曲面形状や異形状の貼り合わせの相談が急増しており、当社オリジナルの新たな貼合プロセス・装置を開発致しました。講演では、貼り合わせる形状別に光学粘・接着剤と貼合技術について判り易く解説致します。
1. 会社案内
2. 貼り合わせとは?
3. OCAとOCRの特徴・比較
 3.1 OCAのラインナップと特徴
 3.2 OCRのラインナップと特徴
 3.3 OCAとOCRの比較
4. フラット形状のOCA貼合プロセス
 4.1 フィルム貼付プロセス
 4.2 ガラス貼合プロセス
5. フラット形状のOCR貼合プロセス(Pre-cure OCR)
6. 曲面・異形状のOCA貼合プロセス
 6.1 フィルム貼付プロセス
 6.2 ガラス貼合プロセス
7. 光学接着剤を使用する場合の要点
 7.1 OCAを使用する場合
 7.2 Pre-cure OCRを使用する場合
8. おわりに
 

第3部 アルケマ社のナノ構造アクリル材料とPVDF系圧電ポリマー

- 車載ディスプレイに向けた展望と課題 -
15:40~16:40
AltuglasR ShieldUp(アルトグラス シールドアップ)はアルケマ社が世界に先駆けて開発したPMMAキャスト板で、かつてない耐衝撃性、温度に影響されない高い透明性、さらに著しい耐薬品性の向上を実現した材料である。これらアクリルの弱点を克服することにより、既存のアクリル板市場においても使用範囲の拡大や薄肉化が期待できるだけでなく、これまでにアクリルが採用されなかった市場への導入が検討されている。一方、アルケマ社では有機エレクトロニクス分野にPVDF系圧電ポリマー(PiezotechR)を展開しており、ディスプレイ向けのHAPTICS(触覚技術)としての展開に期待が持たれている。本講演では、両技術の概要を説明した後、車載ディスプレイ採用に向けた課題と今後の方向性について報告する。
1. アルケマ社およびアルトグラスのご紹介
2. アルトグラス シールドアップについて
 2.1 特長
 2.2 代表的物性
 2.3 製造方法
 2.4 耐化学薬品性
 2.5 耐衝撃性
 2.6 耐摩耗性
 2.7 その他の特性
3. Piezotech(ピエゾテック)について
 3.1 圧電ポリマーについて
 3.2 Piezotechの特長
 3.3 HAPTICを含めた用途展開事例

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ