ホーム > セミナー > 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた周辺環境認識技術とその応用

自動車の自動運転におけるLiDARを用いた周辺環境認識技術とその応用

※会場が変更になりました(8/27更新)
オームビル → 中央大学駿河台記念館

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
LiDAR
セミナーNo.
tr190901  
開催日時
2019年09月06日(金)10:30~17:00
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
中央大学駿河台記念館 
価格
非会員: 54,945円(本体価格:49,950円)
会員: 54,945円(本体価格:49,950円)
学生: 54,945円(本体価格:49,950円)
価格関連備考
お1人様受講の場合 49,950円[税別]/1名
1口でお申込の場合 59,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)

講座の内容

趣旨
 現在,自動運転自動車に関する研究開発が世界各国で活発に行われている.この自動運転自動車の開発には従来人間が行っていた認知判断操作を車載センサおよびコンピュータにより代替させる必要がある.このような自動車には、不確実性のあるセンサ情報を如何に尤もらしく解析し、適切な判断を行うセンサ情報処理アルゴリズムが必要となります。
 本セミナーでは,現在の自動運転自動車のセンシングに欠かせないセンサとなっているLiDARを一例として取り上げ,自動運転自動車周囲に存在している移動物体の運動推定手法を題材とした状態推定アルゴリズムの解説を行います.また,金沢大学の実装例を交えて解その他の自動運転全般の技術の概要についても解説する.
プログラム
1 自動運転自動車に関する研究動向と必要技術
  1.1 自動運転の歴史
  1.2 自動運転に必要な技術

2 自動運転に用いられるセンサの概要と特徴
  2.1 LiDARの動作原理と特徴
  2.2 RADARの動作原理と特徴
  2.3 ステレオカメラの動作原理と特徴

3 LiDARに基づく各種認識技術の概要
  3.1 LiDARを用いた走行空間認識
  3.2 移動物体認識の概要とその重要性

4 移動物体の運動状態推定と追跡
  4.1 カルマンフィルタによる状態推定
  4.2 データアソシエーションとマルチターゲットトラッキング

5 自動車の自動運転への適応
  5.1 自動運転システム全体の概要
  5.2 公道走行試験の概要と現状

 まとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ