ホーム > セミナー > フィルム製造・加工工程における静電気現象と対策【大阪開催】

静電気の基礎から現場で使える具体的な知識まで解説!

フィルム製造・加工工程における静電気現象と対策【大阪開催】

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
フィルム静電気【大阪開催】
セミナーNo.
150729  
開催日時
2015年07月09日(木)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
大阪市立中央会館 2F 第4会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
特典
資料付

講座の内容

趣旨
フィルム製造・加工工程には、そのプロセスおよび設備に起因する特徴的な帯電気現象が関与しています。そして、その特殊性と複雑さにより、基本的な理解が進まず、対策に苦慮されている事例が多いようです。今回は、フィルムプロセスに対象を絞って、静電気の基礎から現場で使える具体的な知識まで解説いたします。
プログラム
1.静電気の概要
  1.1 静電気の歴史
  1.2 厄介な理由
  1.3 電荷と電位
  1.4 電子の素電荷と電荷密度
2.帯電現象の基礎
  2.1 接触帯電の基礎
  2.2 帯電列
  2.3 剥離帯電の基礎
  2.4 金属ローラ
  2.5 ゴムローラ
  2.6 帯電パターンの可視化
3.フィルム製造工程特有の帯電現象
  3.1 巻き取り部の帯電要素
  3.2 コンタクトローラによる帯電
  3.3 除電器による帯電
  3.4 繰り出し部の帯電要素
  3.5 除電器による剥離帯電の助長
  3.6 コロナ処理の基礎
  3.7 コロナ処理での「複写放電痕」
  3.8 静電印加キャストでの内部帯電
  3.9 延伸工程での除電
4.真空蒸着工程での静電気現象
  4.1 ロール・ツーロール真空蒸着
  4.2 真空中の接触帯電
  4.3 真空中の剥離帯電
  4.4 真空特有の静電気トラプル
  4.5 真空中での除電
5.除電器の基礎と使い方
  5.1 除電器の種類
  5.2 交流式コロナ除電器
  5.3 パルス式コロナ除電器
  5.4 エアプロー型除電器
  5.5 自己放電式除電器
  5.6 除電器による帯電
  5.7 コロナイオンの振る舞い
  5.8 充電式除電
  5.9 適切な使用方法
6.静電気の管理
  6.1 目的と効果
  6.2 除電器の保守
  6.3 湿度の管理
  6.4 ゴムローラの管理
  6.5 工程診断
  6.6 不良品からのトレース
7.総括
  7.1 正しい認識
  7.2 有効な対策
  7.3 適切な管理

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ