ホーム > セミナー > わかりやすい医薬統計 入門講座

統計の基礎からデータの取り方・まとめ方、評価・比較の方法などを初任者でもわかる講座です!

わかりやすい医薬統計 入門講座

~「医学論文や臨床研究プロトコルを読めるようになる」ために最低限必要な知識を解説~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
医薬統計
セミナーNo.
150751  
開催日時
2015年07月29日(水)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第5展示室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

趣旨
「まずは医学論文や臨床研究プロトコルを読めるようになる」ために最低限必要な知識を解説し、用語理解から統計知識の活用法までをサポートする初学者向けの講座です。特に、わかった気になってつまづきがちな「統計用語」について、概念・考え方から具体例をまじえてわかりやすく解説します。また、初心者がよく抱く疑問点や勘違い・混乱する点を解説することで、自身で解析をする時に基本的な事項で実務が詰まる事のないようすることができます。
プログラム
 1.医学・薬学研究にどうして統計学が必要なの?

 2.勉強したはずなのに、多くの人が分からなくなるポイント

  2.1 同じデータから異なる結果が得られたら?
  2.2 グラフから錯覚を起こさせないために
  2.3 統計ソフトの盲目的利用の注意
  2.4 統計学的有意差と医学的有意差

 3.統計データの取り方
  3.1. バラツキとバイアス
  3.2. 交絡
  3.3. ランダム化
  3.4 盲検化
  3.5 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

 4.統計データのまとめかた
  4.1 データの種類
  4.2 度数分布
  4.3 平均・標準偏差
  4.4 標準誤差
  4.5 図示表現(ヒストグラム・箱ひげ図・散布図) 
  4.6 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

 5.データの評価・比較の方法(推定)
  5.1 点推定と区間推定
  5.2 信頼区間
  5.3 比・率・割合
  5.4 リスク比とオッズ比
  5.5 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

 6.データの評価・比較の方法(検定)
  6.1 帰無仮説・対立仮説
  6.2 第1種の過誤・第2種の過誤
  6.3 p値
  6.4 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

 7.連続する値のデータを評価する
  7.1 1標本t検定・2標本t検定
  7.2 相関と回帰分析
  7.3 重回帰分析
  7.4 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

 8.分類したデータを評価する
  8.1 カイ二乗検定
  8.2 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

 9.2値データを評価する
  9.1 ロジスティック回帰分析
  9.2 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

 10.イベント発生までの時間を評価する
  10.1 Kaplan-Meier法
  10.2 log-rank検定
  10.3 Cox回帰
  10.4 本項目の誤解しやすい点、注意点の再整理

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ