ホーム > セミナー > 液体微粒化の基礎・応用と高機能化技術

液体微粒化の基礎・応用と高機能化技術

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
液体微粒化
セミナーNo.
171161  
開催日時
2017年11月20日(月)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食・資料付き

講座の内容

習得できる知識
・液体微粒化の基礎知識(微粒化法、微粒化特性等に関する基本)
・各種微粒化法の応用例(講演者の研究例や最近の研究動向)
趣旨
・液体微粒化技術に関する初学者から中堅技術者を対象に平易に解説・事例紹介等を行う。
・基礎的事項のうち、液体分裂のメカニズム、各種微粒化装置の原理などを解説し、それぞれの微粒化特性について、設計する側・利用する側双方の立場から説明する。
・液体微粒化技術の応用に関しては、微粒化の促進と制御の観点で行ったいくつかの研究事例を紹介する。
・特に回転式微粒化については、講演者のグループが約10年継続している自動車の噴霧塗装研究を中心に事例を紹介したい。
プログラム
1.はじめに

2.液体微粒化の基礎
 2.1 液体微粒化研究の系譜
 2.2 液体の分裂機構
 2.3 液体微粒化法
 (1)圧力微粒化
 (2)二流体微粒化
 (3)回転式微粒化
 2.4 噴霧特性の表し方
 (1)平均粒径
 (2)代表粒径
 (3)粒径分布

3.液体微粒化技術の応用
 3.1 圧力微粒化の応用
 (1)ノズル内キャビテーションによる微粒化促進
 3.2 二流体微粒化の応用・高機能化
 (1)微小粒子の生成と応用
 (2)平均粒径の自動制御

4.噴霧塗装における回転式微粒化研究の展開
 4.1 回転円板からの展開
 4.2 回転ベルカップによる微粒化機構解明
 4.3 塗着効率改善の試み

5.おわりに

<質疑応答・名刺交換>

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ