ホーム > セミナー > FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法

FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法

~演習付き~

セミナー概要

略称
FMEA・DRBFM
セミナーNo.
開催日時
2017年11月29日(水)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
講師
長岡技術科学大学大学院 技術経営研究科 システム安全専攻 准教授 博士(工学) 大塚 雄市 氏
<研究分野>
1.故障解析プロセスの論理化(FMEA、トヨタ自動車での未然防止手法DRBFMの高度化)
2.故障解析・リスク評価のサポートシステムの構築(データーベースソフト、作成ナビゲーター等)
3.故障解析とリスク評価の統合マネジメントシステムの検討
4.材料強度の観点からの信頼性設計(製品寿命評価)
5.材料強度の観点からの安全性設計(破壊モードに対応した本質安全・防護設計のあり方)
<産学官連携実績・提案>
大学院での安全管理システム・事故報告システムの活用のあり方検討。自動車会社におけるデザインレビュー手法の検討・機械メーカーとの保全・補修技術開発の実績があります。
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付

講座の内容

習得できる知識
故障解析手法(FMEA,DRBFM) 
システム安全,安全性,信頼性,設計工学
趣旨
 トヨタ自動車で生まれた未然防止手法であるDRBFMは,トヨタ自動車の手法であるから素晴らしいわけではありません.その本質は,国際標準の安全性評価の考え方であるシステム安全の概念に合致しているからこそ,効果を発揮します.故障解析手法をシステム安全の概念から見直すことで,既存手法がなぜ形骸化するのか,形骸化に対応するためにどのような対応が必要なのかを,講義を通じてお話します.故障解析手法の初心者の方を前提とした内容となっています.また,DRBFMの演習も行うことで,手法を実践的に修得することを目指した講演になっています.
プログラム
1. 不具合防止はなぜ困難か
 1-1. 不具合の原因分類から
 1-2. リコール事例のデータ解析から
 1-3. なぜ5回問えといわれるか
 1-4. Stress-Strength model と故障モード
 
2. デザインレビューの基礎
 2-1. 概念設計審査
 2-2. 詳細設計審査
 2-3. 最終設計審査
 2-4. デザインレビューの課題 ~形骸化、管理負担など~
   ・長岡技術科学大学技術経営研究科システム安全専攻紹介

3.DRBFMについて
 3-1. GD3 の考え方とリスクアセスメントの共通点~比較する~
 3-2. 要素機能の正常状態表現
 3-3. 故障モード導出の論理
 3-4. 故障解析,リスクアセスメントに本当に必要なもの
    ~不具合一覧表~
 3-5. 影響度分類表
 3-6. DRBFMの性能評価
 
4.FMEA・DRBFMシートの作成演習
  (故障モード同定から対策の検討までの一連の流れを実践して,ワークシートの効率的な作成方法を学習する)

​<質疑応答・名刺交換>
キーワード
FMEA,DRBFM,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ