ホーム > セミナー > 付加価値時間を増やし、コスト時間を減らす「業務効率化」テクニック

付加価値時間を増やし、コスト時間を減らす「業務効率化」テクニック

〜密度濃い仕事時間を生み出す秘訣〜

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
業務効率化
セミナーNo.
171174  
開催日時
2017年11月28日(火)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

講座の内容

趣旨
 「働き方改革」の標語に沿って、時短に取り組む機運は高まりました。しかし、多くの責任あるホワイトカラーの立場の人にとって、時短のために、書類を減らす、会議を減らす、口で言うのは簡単ですが、ではそれで成果は上がるのでしょうか?スピーディな意思決定が進むのでしょうか?本音の話が減って、建前だけの手続き論がはびこり、本質的な問題は放置される、そんな事態に陥ることもあります。(そもそもホワイトカラーの仕事は、繰り返しの定型業務よりもたくさんの非定型業務で成り立っています。そしてその多くは「コミュニケーション」とも呼ばれたりします。)
 単純に時間だけを削減すれば良いのではありません。質が伴ってこそ、より価値のあるアウトプットを増やしてこその業務効率化が求められるのです。無駄な時間は減らしますが、意味ある時間は増やすべきなのです。言い換えれば「付加価値時間を増やし、コスト時間を減らす」ことが要諦になります。では、何を意識し、何からどのように手を付けていけばよいのか?会議、書類、いわゆるコミュニケーションや意思疎通のありかたの中身を変えていくことが重要です。日常業務の何気ない言動一つ一つに改善の要素は潜んでいます。そして、それは管理職たちのリーダーシップのあり方にかかっています。
 本講座では、各種の業務改善、問題解決コンサルティングを通じて皆様に実践いただいた、数多のテクニックとコツを紹介します。
プログラム
1.総論~ホワイトカラーにとっての業務効率化
 1-1.生産性とは何か?労働生産性の意味
 1-2.ホワイトカラーの仕事とは何か?なんのために会社に来るのか?
 1-3.マネジメント・コストという概念
     ~成果を出すために何をマネージすべきか?

2.付加価値時間とコスト時間
 2-1.付加価値とは何か?コストとは何か?
 2-2.付加価値時間としての意思疎通、コミュニケーション
 2-3.個人作業における付加価値時間
 2-4.付加価値時間とコスト時間の探し方

3.付加価値時間としての会議のありかた
 3-1.会議における付加価値時間、コスト時間とは
 3-2.会議の種類別のマネジメントと巻き込み方
 3-3.会議の計画~議題とプロセス管理
 3-4.場のセッティングの工夫
 3-5.成果の歩留まりを上げるために

4.付加価値を生む、書類、メール、資料のありかた
 4-1.「書き残す」ことの意味と効果
 4-2.仕事にネーミングを~体系的に、具体的にとらえる習慣
 4-3.沢山書くのか、シンプルに書くのか?
     早く書くのか、ゆっくり書くのか?目的に応じた書類のありかた
 4-4.様式の重要性~「知」を生み出す書類様式のつくりかた

5.付加価値時間を増やすリーダーシップ
 5-1.責任と学習のありかた
 5-2.仮説検証の行動習慣
 5-3.創造性と自発性に火をつける
 5-4.気質に合わせた目標提示

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
業務効率化,時間短縮,働き方改革,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ