ホーム > セミナー > 研究者・技術者のための論理的プレゼンテーションのノウハウ

研究者・技術者のための論理的プレゼンテーションのノウハウ

~2日間講座、演習付~

セミナー概要

略称
プレゼンテーション
セミナーNo.
180111  
開催日時
2018年01月24日(水)10:30~16:30
2018年01月25日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
講師
ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学) 奥村 治樹 氏
兼 大阪産業大学 情報システム学科 非常勤講師
  大阪市産業創造館 技術・経営相談員
  市立教育研究所 運営委員
  滋賀県 社会教育委員
  知財管理技能士

【専 門】
表面・界面、接着、高分子、ナノ粒子、分析、ハイブリッド材料、等
価格
非会員: 64,800円(税込)
会員: 59,400円(税込)
学校関係者: 64,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で64,800円(税込)から
 ★1名で申込の場合、59,400円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計64,800円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
【セミナー受講特典コンサルティング】
 セミナーに受講して名刺交換をさせて頂いた方への特典サービスとして、初回限定で限定特別料金にてコンサルティングをご利用いただけます。技術的な相談はもちろん、戦略相談、オンサイトセミナーなど、依頼条件を満たす限り原則として実施内容、方法に制限はありません。
 技術コンサルティングには興味があるが利用したことがないので、どのようなものか良くわからず正式依頼に踏み切れない、決裁を取るために一度ディスカッションしたいという方は、是非この機会に、JRLのコンサルティングを御体験ください。限定特典ではありますが、必ず満足のいただける内容でお応えします。
<依頼条件>
 ・初回1回のみ
 ・セミナー実施日より3カ月以内に依頼が成立
 ・費用:内容によらず定額の限定特別料金
定員
30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください
備考
昼食・資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
・プレゼンによって自身の成果を伝える人(研究者、技術者など)
・専門知識を、あまり詳しくない方に対してもわかりやすくプレゼンする必要のある人
 (技術営業担当など)
・成果を伝えられない、認められない人
・結果報告、技術報告が下手だと言われる人
・人前で話し慣れていない人
・部下等のプレゼンを指導する人
・新入社員から中堅、管理層や経営層まであらゆる階層
習得できる知識
・伝わるプレゼンテーション力、説得力、承認獲得力、ストーリー力
・研究開発の結果を成果にすることができるプレゼンテーション力
・論理的思考力
・結果を成果に昇華するスキル
・人前で話すことを楽しめる自信、聞き手を惹きつける伝え方
趣旨
 現代社会においては、一人ですべてが閉じることは皆無であり、上司・同僚・部下、顧客など様々な相手に伝える、すなわち、組織の内外を問わず日常的に様々なプレゼンテーションを行う必要があります。社内会議や報告会などはもちろん、上司への日々の軽微な報告などもプレゼンテーション能力が必要となります。また、社外では学会や技術紹介、顧客への説明など、いずれも会社の代表としてのプレゼンテーション力が要求されます。そして、いずれにおいても、内容を理解、認知、承認されてこそ成果になります。
  プレゼンテーションは、テーマ、ストーリー、論理構成が基盤であり、そこにセオリー、テクニックといった要素が加わります。そして、準備から本番のパフォーマンスに至るまで、様々なノウハウやコツ、ポイントを交えながら内容と相手に合わせたものでなければなりません。ましてや、技術者・研究者に要求されるプレゼンテーションにおいては、まず専門知識や技術、結果をわかりやすく説明する必要があるにもかかわらず、発信に偏ってしまっていて伝えるということができておらず、せっかくの努力の成果が日の目を見ない状況を招いてしまっています。
 本講座では、な技術プレゼンテーションの特異性をふまえながら、単なる情報発信ではなく、理解させ、納得させて人を動かすことができる伝わるプレゼンテーションの極意とノウハウを論理的に解説します。
プログラム
【演習について】
 本セミナーでは講習内容を踏まえたショートプレゼンテーションを作成し、それに対して講師から修正ポイント等を含めたコメント、添削を行います。ショートプレゼンの題材、例えば、実務に即したものでも、仮想のテーマ(仮想技術開発提案等)でも内容は問わないので、テーマを予め考えておいてください。事前に作成する必要はありません。講習会の場で作成しながら進めていきます。

【1日目】
基礎編:基本からスライドデザイン
 プレゼンテーションの分類、定義からスタートし、コツやポイントといったプレゼンテーションの基本を注進して、プレゼンテーションを成功させるための準備の考え方、方法、スライドの作り込み方を解説する。

1.イントロダクション
  1.1 プレゼンテーションとは
  1.2 3大プレゼン
  1.3 伝聞と報告
  1.4 プレゼンの3要素
  1.5 プレゼンテーションの定義
2.プレゼンの基本 (コツ・ポイント)
  2.1 スタートライン
  2.2 目的在りき
  2.3 ゴールを示す
  2.4 ストーリー在りき
  2.5 演習(目的の確認)
  2.6 ストーリー性と論理性
  2.7 プレゼンの基本構成
  2.8 構成要素
  2.9 論理性と理解の基盤
  2.10 テーマの共有
  2.11 伝えたいことは何か
  2.12 演習(テーマの確認)
  2.13 新規性と進歩性
  2.14 聴講者はカボチャか
  2.15 不安と緊張
  2.16 演習
  2.17 プレゼンテーションの基本
3.プレゼンを成功に導く準備
  3.1 段取り8割
  3.2 知→理→信
  3.3 コアの自己理解
  3.4 伝えたいことは何か
  3.5 取捨
  3.6 書き出し&ランク付け
  3.7 演習(リスティング&ランキング)
  3.8 構造的であること
  3.9 3パート構成
  3.10 起〇〇結
  3.11 1イシュー/スライド
  3.12 ワンフレーズ化
  3.13 演習(ワンフレーズ化)
  3.14 練習法
  3.15 演習(練習方法の確認)
  3.16 キーマンとフォロワー
  3.17 演習(キーマン&フォロワーの確認)
  3.18 プレゼンを成功に導く準備
4.伝わるスライド
  4.1 なぜスライドにするのか
  4.2 色の使い方 
  4.3 フォントの使い方
  4.4 スライドタイトル
  4.5 イメージ化
  4.6 グラフの工夫
  4.7 結果・データの伝え方
  4.8 Five line rule
  4.9 Three second rule
  4.10 統一感
  4.11 伝わるスライドとは
5.演習(ショートプレゼン1)

【2日目】
実践編:ストーリー構成から質疑応答
 プレゼンテーション全体の構成や、テーマを伝えるためのストーリー構築の方法から、特に重要となる印トド部分の考え方から、質疑対応を含めたプレゼンテーション本番のパフォーマンスのポイントを解説する。

1.伝わるプレゼンの構成とストーリー
  1.1 全体から細部へ
  1.2 そして、神は細部に宿る
  1.3 ストーリーで語る
  1.4 プレゼンテーションは文章
  1.5 ファクトで語る
  1.6 主観、想像 v.s. Fact
  1.7 報告型プレゼンの構成
  1.8 教育型プレゼンの構成
  1.9 承認型プレゼンの構成
  1.10 演習(構成の確認)
  1.11 思考のプロセスを共有する
  1.12 考えの伝え方
  1.13 具体化と抽象化
  1.14 情報の階層化
  1.15 3態変化
  1.16 イメージを想起させる
  1.17 演習(情報の整理)
  1.18 要約と対比・例示・置換
  1.19 演習(要約の実際)
  1.20 小結論
  1.21 心に響くプレゼン(伝わるプレゼン)
2.イントロの考え方
  2.1 伝わってこそ成果
  2.2 言いたいことと聞きたいこと
  2.3 全てはイントロで決まる
  2.4 イントロの条件
  2.5 2つのイントロ
  2.6 演習(イントロの作成)
  2.7 共感の土台形成
  2.8 言葉の壁
  2.9 情報の構成
  2.10 前提条件を共有する
3.理想のパフォーマンスとは
  3.1 話し方
  3.2 あなたも情報の一部
  3.3 いくつかのちょっとしたテクニック
  3.4 Passion
  3.5 「つかみ」で掴む
  3.6 「間」の取り方
  3.7 ポイントシグナル
  3.8 「転」でこける
  3.9 パフォーマンス
4.コミュニケーション
  4.1 プレゼンはコミュケーションである
  4.2 共感(Sympathy & Empathy)
  4.3 アイコンタクト
  4.4 寝ている人
  4.5 攻撃的な人
  4.6 参加させる
  4.7 熱く、熱く
  4.8 コミュニケーション
5.質疑対応
  5.1 回答の基本姿勢
  5.2 否定的発言が出たときには?
  5.3 異なる意見が出たときには?
  5.4 相手の勘違い?
6.質疑
7.まとめ
8.演習(ショートプレゼン2)

 

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ