ホーム > セミナー > 高分子材料の劣化メカニズムと添加剤処方

劣化の原因となる化学反応、対処法としての添加剤の使用とその役割、さらに添加剤の高性能化の研究について解説!

高分子材料の劣化メカニズムと添加剤処方

セミナー概要

略称
高分子材料劣化
セミナーNo.
開催日時
2018年01月17日(水)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
講師
工学院大学 先進工学部 応用化学科 有機高分子化学研究室 講師 博士(工学) 山口 和男 氏

<ご専門>有機化学、高分子化学

<学協会等>日本化学会、高分子学会

<ご略歴>工学院大学大学院 工学研究科 工業化学専攻 博士後期課程 修了
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
・高分子材料の製造、加工などに従事されている方々
 
習得できる知識
・高分子材料の劣化原因と関係する化学反応
・高分子材料の劣化を防止する添加剤(酸化防止剤)
・酸化防止剤の高性能化
 
趣旨
 高分子材料は有機化合物であり、その製造、加工、使用時において自動酸化反応により劣化する。本セミナーでは、劣化の原因となる自動酸化学反応について説明し、劣化の防止に有効な対処法としての添加剤の使用とその役割、さらに添加剤の高性能化の研究について解説します。
  
プログラム
1.ポリマーの劣化機構
  1-1.劣化と自動酸化反応
    1)連鎖開始反応
      a.遷移金属イオン連鎖開始反応
      b.熱連鎖開始反応
      c.光連鎖開始反応
    2)連鎖分岐反応
      a.R・の反応
      b.ROO・の反応
      c.RO・の反応
    3)連鎖停止反応
  1-2.熱劣化と光劣化

2.ポリマーの安定化
  2-1.酸化防止剤の役割
  2-2.フェノール系酸化防止剤
  2-3.イオウ系酸化防止剤
  2-4.リン系酸化防止剤
  2-5.紫外線吸収剤
  2-6.ヒンダードアミン系光安定剤

3.添加剤の相互作用
  3-1.相乗作用
  3-2.拮抗作用

4.添加剤の研究法

5.酸化防止剤の高性能化の試み

  5-1.ヒンダードアミン系光安定剤
  5-2.フェノール系酸化防止剤
 
キーワード
ポリマー、高分子、樹脂、劣化、変色、添加剤、安定剤、酸化防止剤、紫外線吸収剤

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ