ホーム > セミナー > 医療機器のマーケティング戦略

医療機器マーケティングのノウハウから、チーム編成と組織マネジメントまで!

医療機器のマーケティング戦略

~市場分析/臨床ニーズ/グローバルな視点~

セミナー概要

略称
医療機器マーケティング
セミナーNo.
開催日時
2018年01月22日(月)12:30~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
大田区産業プラザ(PIO) 6F E会議室
講師
講師:サムエルプランニング株式会社 代表取締役 宮坂 強 氏
《専門》
医療機器の開発、マーケティング
《略歴》
外資系メーカー(アボット・ラボラトリーズ、ベクトン・ディッキンソン、アルコンサージカル、ボストン・サイエンティフィック、アボットバスキュラー)勤務
A.臨床検査自動化に関連して、
 1.生化学検査、免疫検査、細菌検査の自動分析装置、
 2.検査試薬。
B.治療用医療機器として、
 1.眼科手術装置(白内障、硝子体手術装置、眼内レンズ等)
 2.心臓血管外科デバイス(心臓弁、人工血管、ペースメーカ等)
 3.血管内治療デバイス(ステント、バルーン、IVUS、脳コイル等)
  のマーケティング、製品開発等を行うとともに、
C.末梢血管インターベンション領域の治療拡大、ビジネス構築を実施。
D.国産の植込型補助人工心臓の開発にも関与
E.国内大手製薬企業の医療機器事業のエクゼクティブディレクター、
 1.投資先企業支援や血管内治療デバイスの開発等のマネージメントを実施。
F.新技術を用いた市場の構築と、専門となる領域の臨床医、医療従事者の組織化等を行った経験を有する。
G.資格等:薬剤師

1979年3月 明治薬科大学 薬学部 製薬学科 研究科卒業
1979年4月 大日本インキ(株) 入社
1981年5月 ダイナボット(株) 入社 (現アボットジャパン㈱)
1987年1月 日本ベクトンディッキンソン㈱入社
1996年1月 ファイザー製薬 メディカルテクノロジーグループ 入社
2000年7月 ボストンサイエンティフィック㈱入社 マーケティングディレクター

2006年3月 アボットバスキュラー㈱入社 副社長 マーケティングディレクター
2008年4月 大塚ホールディングス(株) 入社 エクゼクティブディレクター
201年10月 メディコン㈱ 入社 副社長 事業部長
2011年8月 大塚メディカルデバイス㈱入社 エクゼクティブディレクター
2016年4月 サムエルプランニング㈱ 代表取締役就任

《活動等》
国立大阪大学国際医工情報センター主催「メディカルデバイスデザインコース」講師
ジャパンバイオデザイン 講師
東京都医工連携HUB機構 臨床期間ユニット コーディネータ
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

習得できる知識
1.医療器開発におけるマーケティングの役割、その機能についても整理します
 (1)グローバルな視点、
 (2)出口戦略を考えるタイミング、
 (3)市場分析と自社内経営資源分析の重要性、
 (4)臨床ニーズと対象顧客の認識、
 (5)経験者、他社との交流  
2.医療機器開発に必要な様々な機能や必要な環境を「チーム編成と組織マネージメント」の視点から考えます。

趣旨
・医療機器開発においてマーケティングの役割は、将来の事業化に向けての開発のグランドデザイン、出口戦略を構築する上で非常に重要です。
・医療機器開発に必要な様々な機能や必要な環境について「チーム編成と組織マネージメント」の重要性について考えます。
プログラム
◎医療機器開発におけるマーケティングの役割
 1. 医療機器開発・事業化を待ち受ける難関や必要とされる資金、開発のプロセス
 2. 医療機器開発におけるマーケティングの重要性

  2-1 市場調査のポイント
  2-2 医療機器の事業計画とマーケティングの役割
  2-3 アップロードマーケティング
 3. 医療機器開発の初期段階から必要な出口戦略
     医療機器開発をする企業のタイプによる「出口戦略」

  3-1 医療機器メーカの場合
  3-2 異業種からの参入事例と出口戦略を検証
 4. まとめ
  4-1 医療機器開発におけるマーケティングの役割
  4-2 グローバルな視点
  4-3 市場分析と自社内経営資源の分析
  4-4 臨床ニーズと対象顧客の認識 ⑤経験者
  4-5 オープンイノベーション

◎医療機器開発に必要な様々な機能や必要な環境「チーム編成と組織マネージメント」
 1. 米国系医療機器企業が占める現状と加速する企業再編

  -日本の医療機器企業の位置づけを確認-
 2. 米国系企業の組織とその特徴、「強いメーカ-の謎」について分析
 3. 日本の医療機器開発の特徴と問題点
 4. 開発に必要な「チーム編成」と「考えておかねばならない」ポイント

  -必要な機能・組織-
 5. 開発のプロセスに対する理解とポイント
 6. 所有する技術の位置付、特許、目指す事業形態
 7. ネットワーク構築のための様々な体制
 8. 組織マネージメント
 9. 米国における医療機器開発のマネージメント
 10. 組織マネージメントは誰が行うか?
キーワード
医療機器、マーケティング

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ