ホーム > セミナー > 沈降分離・濾過・脱液技術の基礎とプロセスの設計

分離操作の基礎からデータの取得法までわかりやすく解説!

沈降分離・濾過・脱液技術の基礎とプロセスの設計

~濾過の基礎/濾過操作/濾過プロセスの設計~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
濾過
セミナーNo.
180935  
開催日時
2018年09月14日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第5展示室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・沈降分離,ケーク濾過,圧搾脱水,遠心脱水の基礎理論の理解ならびに基礎データの取得法を必要とされる方
必要な予備知識
・特に予備知識は必要ありません。固液分離操作をモデル化した標準的基礎理論を講述し,その利用法を説明します。
習得できる知識
・製造プロセス,環境保全プロセスに不可欠な沈降分離,濾過,圧搾,遠心脱水に関する基礎知識を習得できる。
・沈降分離,濾過,圧搾,遠心脱水の計算に必要な基礎実験法を習得できる。
趣旨
 製造プロセス,環境保全プロセスに不可欠な沈降分離,ケーク濾過,圧搾脱水,遠心脱水操作の標準的理論を基礎から解説します。また,これらの分離操作の設計・運転を行う上で必要なデータの取得法について説明します。
プログラム
1.固液分離の概要 
  1-1 固液分離の目的
  1-2 固液分離の各段階
  1-3 固液分離装置の選定基準

2.基礎的事項
  2-1 粒子の沈降速度
  2-2 粒子層内の流動抵抗
  2-3 液圧と固体圧縮圧力

3.沈降分離
  3-1 沈降(浮上)分離装置
  3-2 清澄操作
  3-3 沈殿濃縮

4.濾過操作の基礎
  4-1 濾過装置
  4-2 濾過の推進力
  4-3 ケーク濾過と清澄ろ過
  4-4 ケーク濾過プロセスの計算
    (1)Ruthの定圧濾過式
    (2)定速濾過
    (3)変圧変速濾過
  4-5 濾材
  4-6 濾過助剤
  4-7 清澄濾過理論

5.圧搾脱水操作の基礎
  5-1 圧搾装置
  5-2 圧搾理論

6.遠心分離操作の基礎
  6-1 遠心濾過・脱水装置
  6-2 遠心濾過理論
  6-3 遠心脱水理論

 【質疑応答・名刺交換】
 
キーワード
濾過,ろ過,濾材,沈降,分離,脱液,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ