ホーム > セミナー > 腸内細菌叢の基礎と解析手法及び研究開発動向

~腸内細菌の疾患との関係とは~

腸内細菌叢の基礎と解析手法及び研究開発動向

最新の研究開発動向を踏まえて分かりやすく解説いたします!

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
腸内細菌
セミナーNo.
190550  
開催日時
2019年05月20日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
備考
資料付き

講座の内容

習得できる知識
〇 腸内細菌叢解析法の基礎知識
〇 腸内細菌叢の機能解析法
〇 疾患との関係
〇 家畜・畜産への応用
プログラム
 1.はじめに

 2.腸内細菌叢研究の進展
  2−1 腸内細菌研究の歴史
  2−2 無菌動物

 3.メタゲノム解析
  3−1 従来のシーケンサーと次世代シーケンサーの違い
  3−2 メタゲノム解析(ショットガン排列解析)とメタ16S解析(16Sアンプリコン解析)
  3−3 腸内細菌と疾患
   3−3−1 肥満症
   3−3−2 炎症性腸疾患
   3−3−3 2型糖尿病
   3−3−4 非アルコール性脂肪肝と肝癌
   3−3−5 動脈硬化症
  3−4 疾患との因果関係 − 鶏か卵か
   3−4−1 無菌マウスでの症状の再現
   3−4−2 ふん便微生物移植

 4.腸内環境の解析
  4−1 統合オミクス手法
  4−2 統合オミクスによる解析例
   4−2−1 ビフィズス菌が産生する酢酸によるマウスO157感染死予防
   4−2−2 兆内細菌が産生する酪酸による大腸制御性T細胞誘導
   4−2−3 多発性硬化症における腸内細菌叢の関わり
   4−2−4 1型糖尿病における腸内細菌叢の関わり

 5.畜産業における腸内細菌研究

 6.将来の展望

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
腸内細菌.腸内フローラ.食品.研修.講習会.セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ