ホーム > セミナー > 熱伝導率の基礎と測定方法・測定事例【LIVE配信】

◆熱問題解決のためには、熱伝導率の正確な把握が重要ポイントです!
◆本講座では基礎知識を解説し、測定事例を紹介します!

熱伝導率の基礎と測定方法・測定事例【LIVE配信】

※オンライン会議アプリZoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

セミナー概要

略称
熱伝導率測定【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2020年11月18日(水)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
講師
(株)ベテル ハドソン研究所 羽鳥 仁人 氏

【略歴・活動など】1972年、北海道北見市生まれ。茨城大学工学部を卒業後、株式会社ベテルに入社。以来ハドソン研究所に在籍し、熱物性測定を軸とした研究開発に携わる。現在では、大学在籍中から20年以上にわたって積み上げた熱物性の知識と経験を最大限に活かし、世界中を飛び回って熱問題の解決に取り組む毎日。また、副所長・工学博士という肩書きを持ちながら、各地で熱物戦士サーモマンに変身。熱物性の難解なイメージを払しょくすべく孤軍奮闘中である。趣味は、天体観測とカメラと自転車。
価格
非会員: 44,000円(税込)
会員: 33,000円(税込)
学生: 44,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で44,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、33,000円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計44,000円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
持参物
受講にはWindowsPCを推奨しております。
タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

講座の内容

受講対象・レベル
・熱伝導率測定の基礎知識を習得したい方
・熱の問題でお悩みの方
・熱物性測定に係わるお仕事をされている方
・熱伝導率測定にご興味のある方
趣旨
 電子機器や材料の製造・開発現場では、“熱に起因するトラブル”が常につきまといます。それらの問題を解決に導くためには、部品や材料の“熱物性”の把握が欠かせません。部品や材料の“熱物性”を正確に把握することで、“熱に起因するトラブル”を未然に防ぎ、製品のさらなる可能性を拡げます。
 本講では、「熱伝導率測定」の基礎知識を学習し、実際にどのような方法で「熱伝導率測定」がおこなわれているのかを知り、さまざまな測定事例を見ることで「熱伝導率測定」のイメージを掴み、今後に役立てます。
プログラム
<第1部> 背景 ~「熱問題」が重要!~
 1. 熱移動の三態(伝導・対流・放射)
 2. 熱問題の解決方法
 3. 熱設計のむずかしさ

<第2部> 熱伝導率測定
 1. 熱伝導率とは何か? 
  ・こんな材料が増えている!
  ・熱物性値(熱伝導率・熱拡散率・熱浸透率)の関係式
 2. 熱伝導率の各種測定方法 
  ・定常法と非定常法
  ・周期加熱法と熱拡散長
  ・測定方法を分類する
  ・各種の測定方法
    定常法/準定常法/フラッシュ法/スキャニングレーザーAC法/
    周期加熱放射測温法/ホットディスク法/熱線法/
    熱抵抗測定法/サーモリフレクタンス法/他
  ・各種測定装置の守備範囲の目安
  ・参照試料
 3. シート状材料や異方性材料の測定 
  ・シート状材料や異方性材料に適した測定方法h
  ・異方性測定が重要な理由
  ・測定事例
    放熱シート/ポリイミドシート/CFRP/CNT入りゴム/
    グラファイトシート/ワイヤー・繊維状試料/セルロース/
    ポリ乳酸延伸フィルム/ナノセルロース/高熱伝導性樹脂/他
 4. 測定方法によって測定結果が変わる?! 
  ・考えられる4つの原因
  ・フラッシュ法と周期加熱放射測温法の比較
 5. 薄膜・微小領域の測定 
  ・薄膜・微小領域に適した測定方法h
  ・測定事例
    アルミナフィラー/AINセラミック/半導体デバイス内の分布/SiCセラミックス
  ・薄膜測定の解析方法
 6. その他の測定方法 
  ・測定事例
    異方性観察/プリント基板の熱伝導観察/断線観察/LEDの発熱観察/ほか

<第3部> シミュレーションの実際
 1. 熱設計のむずかしさ
 2. 熱設計の流れと実例

<第4部> 質疑・応答
スケジュール
13:00~14:20 講義1
14:20~14:30 休憩
14:30~15:50 講義2
15:50~16:00 質疑応答
※進行により多少前後する可能性がございます。
※質問は随時チャットで受け付けます。休憩時や終了時に音声でも可能です。
キーワード
熱伝導率,熱拡散率,熱浸透率,測定,評価,解析,計測,熱設計,定常,研修,講座,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ